「コード・ブルー」15%超も… 産むつもりがなかった女性の妊娠展開に「避妊しろよ」の大合唱 - NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » ニュース » 「コード・ブルー」15%超も… 産むつもりがなかった女性の妊娠展開に「避妊しろよ」の大合唱

「コード・ブルー」15%超も… 産むつもりがなかった女性の妊娠展開に「避妊しろよ」の大合唱

 天才脳外科医役の山下智久がひたすらカッコよく見える月9『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の第2話。平均視聴率は初回から0.7ポイントダウンの15.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。朝ドラを除けば、放送中の連ドラで15%超は同作のみです。

(以下引用)
 さて、第2話のあらすじを振り返りましょう。

 前回、同棲中の冴島(比嘉愛未)が妊娠していることに気付いた藤川(浅利陽介)は、そのことを嬉しそうに白石や緋山(戸田恵梨香)にペラペラ。しかし、冴島は「まだ産むかどうか決めてないから」「今は仕事が面白いの」「今が一番やりがいを感じてるの」と堕胎も視野に入れている様子です。

■なぜ避妊しなかった!?

 って、えー! もともと産むつもりがなかったなら、なんで避妊しないの? ましてや、日々、生死と直面してる2人なのに……。冴島って、こんなキャラだったっけ? 初回で妊娠が発覚した際、てっきり子どもを欲しがってたんだと思ってました。

 これはもう、藤川の子どもじゃないとか、想像妊娠だとか、そもそも妊娠してないとか、何かしらの大どんでん返しがないとやばそうですよ。医療ドラマだから堕胎はないでしょうけど、休職してデキ婚しても、アクシデントが起きて流産しても、「なぜ避妊しなかった?」というモヤモヤは残りそうです。

(中略)

 そんな監修のお陰もあって、絶好調の同作。次回予告映像では冴島がぐったりしているシーンが映ってましたが、お腹の子は大丈夫でしょうか。これは気になりますね。
(http://news.livedoor.com/article/detail/13386175/)

これに対しネットでは
「ドラマだから現実とは違うって事くらいわかろーよ」
「医療関係だって堕胎するよ」
「シンママの看護師も多い」
「暗に医者をけなすドラマ」
「ドラマの完成度と視聴率は無関係なのがよくわかる作品だ」
などの声が寄せられている。

スポンサーサイト



コメント
非公開コメント