- NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

山﨑賢人主演『ジョジョ』、原作ファンが猛反発でガラガラ空席祭りの惨状

 山﨑賢人(22)が主演を務める映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が、週末興行成績ランキング(8月5~6日、興行通信社調べ)で初登場5位と低調スタートしたことがわかった。観客の間で賛否両論が巻き起こる中、同作が苦戦した背景には怒れる原作ファンのボイコットがあるようだ。

(以下引用)
 製作発表時から物議を醸すも、いよいよ公開された映画『ジョジョ』。主演の山﨑を中心にテレビやPRイベントに精力的に参加し、同作をアピールした。

 公開後、週明けに発表された初めて週末興行成績で『ジョジョ』は、興収1億6600万円で5位。3位の『トランスフォーマー/最後の騎士王』や4位の『君の膵臓をたべたい』に屈し、2位に入った『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』には親子連れの客を完全に持っていかれた格好だ。

『ジョジョ』の5位という数字は、厳しい結果だ。公開日は、夏休みの真っ最中。同作は『無限の住人』や『東京喰種』のような年齢制限もないにもかかわらず、都内・主要都市の映画館は空席が目立ち、SNS上でも「席ガラガラ」という投稿が相次いでいた。おまけに、興収は先週5位だった映画『東京喰種』の興収2億3200万円より6000万円近く低い。これらを踏まえれば、『ジョジョ』不人気の惨状が容易に想像できる。

「敗因は期待していたであろう原作ファンが思うように入らなかったこと。思えば宣伝も、PRイベントでは山﨑や神木隆之介(24)目当ての女性ファンが群がるだけで戦略がトンチンカンだった。誰もが企画時点で『失敗する』と分かっていたのに、強行した結果がこの惨状です。興行収入はスペインロケやCGの費用を考えれば最低でも10~15億円を超えないと赤字。三池崇史監督(56)にしても『テラフォーマーズ』や『無限の住人』に続いての惨敗で、そろそろ人気漫画の実写映画は限界かもしれません」(映画ライター)

 スタートダッシュに失敗しても、良作であれば口コミ効果が期待できるが、映画を鑑賞した観客の評価は「今年ワースト」「ドラゴンボールの実写よりつまらない」「予想より面白かった」と賛否両論で荒れている。また8月11日には映画『スパイダーマン ホームカミング』が封切られるだけに、『ジョジョ』の巻き返しは難しくなる一方だ。

 続編に関しては「2章を」と希望する声もあるが、興行成績の結果を受けて「頼むから続きを作らないでくれ」「安心してこけていいぞ」と反対派がやや優勢だ。なぜこうも意見が真っ二つなのか。

「極端にヒドくはないが、出来が良いというわけでもなく中途半端。当初の期待値が低かっただけに『思ったより出来がいい』と感じている人が多い。ただ『スタンドのCGが良かった』と言っても国産映画にしてはマシというだけに過ぎない。同時期に迫力満点の『トランスフォーマー』をやっているので、CGのクオリティは嫌でも目立つ。それにジョジョは全体を通して冗長で『見ていて眠くなる』というレビューも多かった。演出は4部ならではの軽妙なシーンも少なく、終始シリアス一辺倒。『ドドドド……』などジョジョの世界観を演出する効果音などは全てカット。原作の枠組みを上手に抜き取った“三池演出の映画”でしかなかった。原作ファンには背を向けられるポイントがいくつもありました」(前出・映画ライター)

 結果から見れば、世間に受け入れられなかった実写版『ジョジョ』。それでも東宝とワーナーにとっては一度乗りかかった船。第2章も反対派の声に耳を傾けずか、ムリヤリ作るのが既定路線だという。
(http://dailynewsonline.jp/article/1342358/?page=2)

このニュースにネットでは
「成功すると思っているほうがおかしい」
「何でもかんでもこいつ出しときゃいいみたいな配役止めろ」
「アニメでやった方が客が入りそう」
「イベントに呼んだ女の子達をリーゼントにさせたりしてほんとに何がやりたいんだか意味不明だった」
「原作無視でアイドルみたいな役者使うなら舞台でいいじゃん」
「やる前からコケるの目に見えてたろうに…」

などの声が寄せられている。




ベッキーついに許される!もっと極悪な不倫女・上原多香子が登場したため

不倫発覚から約1年半ぶりに、ベッキー(33歳)が日本国民に許されたことが判明した。これはベッキーよりも極悪な不倫行為を行っていた上原多香子(34歳)が出現したからで、インターネット上では「ベッキーが気の毒になるレベル」「これはベッキー許されるフラグ」などのコメントが書き込みされている。

(以下引用)
・不倫レベルが違う
ベッキーと上原多香子はともに芸能人であり、どちらも不倫騒動で物議を醸したが、同じ「芸能人の不倫」でもそのレベルが大きく違う。シンプルにまとめただけでも、以下のような違いがある。

・ベッキーの不倫
ベッキー: 未婚 / 謝罪
川谷絵音: 既婚 / 謝罪
川谷の妻: 不倫発覚後に離婚
その後: 不倫謝罪後に芸能活動を少しずつ再開

・上原多香子の不倫
上原多香子: 既婚 / 謝罪なし
阿部力: 既婚 / 謝罪なし
上原の夫TENN: 不倫発覚後に自殺
その後: 自殺後も平然と芸能活動しつつ新恋人を作る

・インターネット上の声
「上原多香子のこと思ったらベッキーはかわいいもんやな」
「上原多香子はベッキーや矢口真里とは次元が違う。強烈すぎる」
「今回の上原女史はベッキーを超えましたな」
「上原多香子の蛮行で矢口・ベッキーが色あせちまったな」
「上原多香子の不倫のヤバさを知ってしまうと、川谷・ベッキー不倫を平和なものだと思ってしまう」
「ベッキーなんて可愛く思えるほどに上原多香子酷いよな」
「ベッキーや矢口のがマシに思えてくる」

・人がひとり死んでいる
この件に関してメディア関係者は「上原と比べたらベッキーが天使に見えるという声もありますよ。ベッキーのときは誰もが笑ったり怒ったりできた。でも上原は別。人がひとり死んでますからね。あまりにも痛すぎて、話題にすらしにくい。ベッキーが可愛く見えます」と話していた。
(http://buzz-plus.com/article/2017/08/13/uehara-takako-becky-furin/)

このニュースにネットでは
「それはそれ、これはこれ」
「比べて判断するものじゃない 」
「全く許してません」
「どっちも許されないよ」
「許す許さないの問題じゃなくて居場所ねえだろ?って話」
「ベッキーは不倫よりもあの腹黒さが問題」
「結果が違うだけでやってることは大して変わらない」
「ベッキーも相当ダメだけどな。相手を離婚させて、会見で嘘ついて、LINEで世の中を馬鹿にして、それでいまだに一度もまともに謝罪もしてない 」

などの声が寄せられている。




ゲス川谷絵音に捨てられたほのかりん「毎日死にたい」精神状態に心配の声

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音が、タレントのほのかりんと破局したと一部スポーツ紙が報じた。2人が別れたのは6~7月頃だという。

(以下引用)
「記事によると、元々は川谷の方が、ほのかにゾッコンだったようですが、彼から別れを切り出したようです。一方、ほのかは周囲の知人に『もう私、別れてるから』と説明しているらしく、彼女の関係者も『破局したことは事実ですが、プライベートは本人に任せています』と認めています」(スポーツ紙芸能記者)

 ほのかは2016年、未成年でありながら川谷と一緒に飲酒したことが報じられ、当時の所属事務所を事実上解雇。そして現在は、アイドルオーディション「ミスiD 2018」にエントリーし、再起を図ろうとしている。

 しかし川谷との破局からか、現在の精神状態が穏やかではないという。

「関係者によると、ほのかは川谷との破局前はケンカが絶えず、食事も喉を通らなかったそうです。また『ミスiD』の自己紹介文の『最近起きたウレシイ出来事』欄にも、『食欲不振で痩せた事』と記載。さらに『毎日本当死にたいからどーせ死ぬなら名前とことん轟かせてやる』と不穏な心情も明かしており、一部ファンからは『ほのかりんにもゲスの呪いが……』『繊細な性格だからメンタル大丈夫かな』と心配の声が上がっています」(芸能記者)

 過去、ほのかとの破局報道が出た際は、川谷が泣きついてヨリを戻したとも報じられていた。しかし今年4月に大手芸能事務所との契約が決まり、活動を再開させたことで、川谷は1人の女性に依存する必要がなくなったのかもしれない。
(https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_34988/)

このニュースにネットでは
「触れたものみな不幸になるゲスキノコ」
「川谷にとって大手事務所と契約出来たのでもうほのかりんは必要ない」
「女を不幸にする事にかけては天下一品だな 」
「関わる者を不幸にさせる男」
「新契約が決まったら、ポイ捨てってホンマかいな」

などの声が寄せられている。




TENNさんの夫遺族「遺書公開」の真相…上原多香子が次々不義理

 SPEEDの上原多香子(34)の夫で、2014年に自殺したヒップホップグループ「ET―KING」のTENNさん(享年35)の遺族が、発売中の女性セブンで遺書を公開したことへの波紋が広がっている。すでにTENNさんが亡くなっていることや、上原がダブル不倫していたという衝撃的な内容に、スポーツ紙などが取り上げているものの、テレビのワイドショーではごく一部でしか報じられていない。

(以下引用)
 しかし、疑問なのはTENNさんの死後から3年も経って、なぜ遺族が遺書の公開に踏み切ったのかということだろう。その理由は徐々にハッキリしてきている。女性セブンやスポニチの報道によると、TENNさんの死後、上原は籍を抜かずに、自ら望んでTENNさんの姓である「森脇」を名乗っていたのだが、ある出来事を境に態度が急変したという。

 今年5月に演出家のコウカズヤ氏(40)との熱愛が写真誌で報じられると、上原が遺族のもとを訪れ、コウ氏との結婚を考えているため「籍を抜きたい」との考えを伝え、実際に姓を「上原」に戻したという。この時、上原は俳優の阿部力(35)と不倫していたことを認めた上で、月々一定額の“慰謝料”を支払う姿勢を示したようだ。しかし、こうした上原の態度に遺族が激怒し、遺書公開に至ったとみられている。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「遺族としては、夫婦間で起こったことであり、上原には再婚して幸せになってほしいという思いもあって、これまで沈黙を守ってきたのでしょう。それに対し上原は感謝し続けなければならなかった。しかし、あまりにも身勝手で不誠実な態度の連続に、遺族も許せなくなったのでは。遺書を公開したのは“あだ討ち”に近いと思います。上原は、人が1人死んだということを胸に刻みこまないといけない」

 遺族の気持ちは上原に届いているのか。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000008-nkgendai-ent)

このニュースにネットでは
「笑えない、重すぎる...」
「不倫の事実もだけど子供の話しまでされたらね」
「どんな理由があろうと自ら絶対に死を選んではダメ」
「故人が上原さんの遺書を公開する事を望んでいたんだろうか」
「遺族側は復讐して心が軽くなりましたか?」
「テレビで全く放送されないのは本当に不可解」
「3年経ってから義弟が兄嫁に数千万円要求ってちょっと恐喝じみてる」
「遺書公開は、わからないでもないけど、慰謝料の意味が分からない」

などの声が寄せられている。




『スッキリ!!』、MCに橋下徹氏を起用で調整…視聴率低迷受け加藤浩次を交代

 前大阪市長・橋下徹氏とフリーアナウンサー・羽鳥慎一がMCを務めるテレビ番組『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日系)が、9月いっぱいで終了することが発表された。2015年12月に政界を引退した橋下氏は、同番組で8年ぶりにバラエティ番組へ復帰したが、今年10月の番組改編に伴い終了が決定したという。

(以下引用)
「あの番組は、橋下氏の所属事務所が『日刊ゲンダイ』の取材に答えているとおり、視聴率的に落第点だったわけではないんですよ。むしろ、月曜の深夜23時台の番組としては、フジテレビやTBSなどの他局と比べて視聴率的にはよかった。ただ、あの時間帯はどうしてもスポンサーが付きにくく、結局打ち切りが決定されたのです」(テレビ局関係者)

 一部では、橋下氏の高額な出演料や、ゴールデンタイムさながらの番組構成ゆえに制作費がかかりすぎていたとの報道もある。

「もともと橋下さんがテレ朝でのバラエティ復帰を決めたのは、同局とずっと懇意にしていたからなんです。だからこそ余計に、視聴率はいいのに打ち切りを決めたテレ朝に対して、橋下さんサイドはよく思っていないようです。そこで今、ここぞとばかりにレギュラー番組への出演を打診しているのが、日本テレビです。橋下さんはもともと弁護士時代に同局の『行列のできる法律相談所』でブレイクしていましたから、以前より両者の関係は深いです」(同)

 そして、日テレで橋下氏がレギュラー出演する番組として最有力視されている番組について、別のテレビ局関係者が語る。

「朝の情報番組である『スッキリ!!』です。ここ最近、MCの加藤浩次の交代が一部で報じられていますが、その後釜に橋下さんを起用するという案です。『スッキリ!!』は今、マンネリ化などが原因で視聴率低調が続いており、つい先日も“テコ入れ策”として日テレのエースアナである水ト麻美アナがMCに起用されることが発表されました。その一方、以前から日テレ内ではMCの加藤を“卒業”させようという話が出ていました。その後釜として、日テレはすでに橋下さんサイドにオファーをしているようで、『そんなに“ない話ではない”』という感触を掴んでいると局内ではいわれています」

『橋下×羽鳥の番組』の後番組のMCとして加藤の名前も報じられているが、果たしてテレ朝と日テレの“MC入れ替え”は実現するのか――。10月の番組改編で、2人の名前が注目されそうだ。
(https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-36173/)

このニュースにネットでは
「橋下なら観てみたい」
「近藤春奈とかも出すなよ」
「加藤、どんだけ女性うけ悪いんだよ。すき家のCMも速攻で降ろされてたし」
「近藤と松嶋がいらない」
「加藤は当然として、女芸人もいらない」

などの声が寄せられている。




反日・関口宏、日本が銅メダル獲得の400mリレーに苦笑い「ボルトのおかげ」

13日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、関口宏が「世界陸上競技選手権大会(世界陸上)」で、銅メダルを獲得した日本の400mリレー代表に言及。途中まで3位だったジャマイカ代表のウサイン・ボルトが途中棄権したこともあり「ボルトのおかげ」と評した。

(以下引用)
番組では「世界陸上」ロンドン大会男子400mリレー決勝で、日本代表が銅メダルを獲得したニュースを話題に。世界選手権では、日本にとって初のメダルとなる。

レースは途中までジャマイカが3位をキープしていたが、第4走者として登場したボルトが足を痛めて途中棄権している。ボルトは今大会を最後に現役引退を表明しているが、関口は「ボルトどうしちゃったんだろう。ラストランだったんですよ」と驚きを隠せない。

スタジオの張本勲氏が「スポーツ選手のありがちなこと。仕方ないという以外ない」と意見すると、川藤幸三氏も同意し「良いことばっかり続かんということでもある」と語った。

関口は苦笑しながら「まあ、そのボルトのおかげで日本は銅が獲れたということでもありますが」と、レース結果を振り返っていた。
(http://news.livedoor.com/article/detail/13467634/)

このニュースにネットでは
「あ、関口ね。何ら不思議ない」
「ボルトの御陰で何の努力もしてない日本が銅メダルを取れたと言いたいんですね」
「とにかく日本が嫌いというのはよ~っく伝わってるよ」
「素直に喜べないのは左翼の人格破綻の証」
「黙ってろよ糞老害」

などの声が寄せられている。




安藤美姫、娘は預けてオールナイトで4店ハシゴ酒

「行ってらっしゃーい」
連休最終日の7月17日、20時半過ぎ。女性ファンに見送られるなか、安藤美姫(29)は迎えの車に乗った。

(以下引用)
 この日、「プリンスアイスワールド東京公演」の千秋楽を終えた安藤は、19時ごろから会場そばのカフェレストランで、ファンとの“お茶会”を開催。

 その会食を終えた安藤は、東京郊外の住宅街に移動し、イタリア料理店を貸し切りにしておこなわれたショーの打ち上げに参加したのだった。2店めでは、相席した村上佳菜子(22)や本田武史(36)ら、フィギュア関係者と談笑を楽しんでいた。

 打ち上げがお開きになったのは、23時ごろ。愛娘・ひまわりちゃん(4)が待つ自宅に帰宅するかと思いきや、安藤は携帯電話を取り出し、テンション高めにこう話しはじめる。

「今から7人ですけど、入れますか?」

 23時半、一行は3店めとなる水タバコが吸えるカフェに入店。そこでの様子をカフェの店員が明かす。

「閉店1時間ほど前に男女7人くらいで来店して、『ドリンクが遅い』『炭を足して』『フレーバーをもっと濃くして』など、いろいろ注文も多かったので、よく覚えていますよ。部屋の真ん中にあるソファに座り、あぐらをかいてリラックスした感じ。煙をふかす手つきが慣れていましたね」

 まだまだ夜遊びは終わらない。深夜1時過ぎにカフェを出た安藤らは、歩いて4店めのダーツバーへと移動。

「二手に分かれて、連れの女性2人とダーツを楽しんでいました。でも、すぐに飽きたのか、ソファに座り、『北海道出身の選手とは気が合わない』『わかる~』など、愚痴で盛り上がっていました」(店に居合わせた客)

 明け方の4時過ぎ、エレベーターから降りてきた安藤は、一行に向かってようやく、このひと言。

「もう帰ろうか」

 大通りに出た安藤は、連れの女性と離れ、男と2人でタクシーに相乗り。宿泊先のホテルに戻った。4日間の日程、全8公演に出演したにもかかわらず、夜通し9時間遊びきった安藤。元氷上の女王、ダイナミックな夜遊び「4回店」だった。
(http://news.livedoor.com/article/detail/13465414/)

このニュースにネットでは
「お子さんは?」
「の情報漏らす店員…」
「店の店員のモラルに問題あるな」
「子供がいるのに、ちょっと遊びが派手すぎるよ」
「ど、どうでもええ」
「水たばこを燻らせる安藤さん、吸い方が堂に入ってた」
「態度悪かったんだろうけど何言ってたかとか店が話しちゃダメでしょ」

などの声が寄せられている。




上原多香子、無期限休業へ…名古屋公演後“気持ち整理するため”

 SPEEDの上原多香子(34)が長期休業することが12日、分かった。夫で「ET―KING」のTENNさん(享年35)の自殺の端緒について、上原の不倫があったと明らかになったばかり。この日、出演舞台の名古屋公演がスタート。ステージ上では普段と変わらない様子を見せたが、関係者は「気持ちを整理するため、名古屋公演後にしばらく休む」と明かした。

(以下引用)
 上演後の午後8時半すぎ、会場の名古屋・中日劇場から車に乗り込む前に上原は深々とお辞儀。「ひと言」「今の心境は?」の声掛けには応じず、こわばった表情で頭を下げて車に乗り込んだ。

 舞台「音楽喜劇 のど自慢~上を向いて歩こう~」の初日。10日発売の週刊誌「女性セブン」で、TENNさんの遺族が自殺の端緒について、上原の不倫を明かしてから初の公の場。上原が舞台に登場すると、一瞬客席がざわつく場面があったが、その後は観客も舞台に引き込まれ、上原もピンク・レディーの「UFO」の振り付けを元気いっぱいに披露するなど、6~7月の東京、神戸公演と変わることなく演じた。カーテンコールでも観客の拍手に笑顔で応えた。

 ステージ上では普段通りの様子を見せたが、スポニチ本紙の取材では、名古屋公演の千秋楽で、舞台の全公演を終える18日以降、無期限で活動を休止する。知人によると、上原自身が「舞台後はお休みしたい」と申し出たという。仕事は18日以降は入っていなかった。関係者は「気持ちの整理をつけるために仕事をしばらく休む」と説明。休業期間は年単位に及ぶ可能性もあるという。

 本番前には主演の森昌子(58)ら出演者全員の楽屋に行き「このたびはお騒がせして申し訳ありません。一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします」と頭を下げて回った。関係者は「チームワークを乱さないように努めて普段通りに振る舞っていたように見えた」と舞台裏の様子を明かした。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000000-spnannex-ent)

このニュースにネットでは
「女優生命は終わっただろう」
「なぜテレビで取り上げられないのか不思議」
「逃げても何も解決しないと思う」
「この人のケースは他のゲス不倫とは話の質が違う。芸能活動継続など出来るわけがない」
「今回の不倫は重たすぎるわ。相手が亡くなってるからね」
「引退でしょうね」
「終わったな。きちんと義務教育と最低学力を学びなおし、倫理、教養を身に付けて人生やり直しましょう」

などの声が寄せられている。




上原多香子に前夫・TENNさん実弟が証言「自殺の理由は多香子さんにある」

 またSPEEDだ。今井絵理子参院議員(33)の騒動も冷めやらぬ中、今度は上原多香子(34)に不倫疑惑が持ち上がったのだ。しかも、それが夫の自殺の原因だったかもしれないとなると…。

(以下引用)
 2014年9月に死去したET-KINGのTENNさん(享年35)の実弟が、10日発売の「女性セブン」で、TENNさんが上原に宛てた遺書を公開した。

 同誌によると、遺書には「子供が出来ない体でごめんね」「許してください」「きっと阿部力となら乗りこえられると思います」「次は裏切ったらあかんよ」などと書かれていたという。

 ここで出てくる阿部とは俳優の阿部力(つよし、35)。上原とは14年に舞台で共演しており、交際に発展したとみられる。同誌は、TENNさんがスマートフォンに保存していたという上原と阿部のキス写真やLINEの内容も掲載。

 実弟によると、TENNさんは上原のLINEの記録から阿部との不倫を知ったとみられる。LINEには、上原が離婚を望んでおり、阿部と子供をつくりたいという内容がつづられていた。TENNさんは検査の結果、子供がつくれない体質だったという。

 TENNさんの自殺について、メディアは当時、“夫婦格差”などが理由ではと推測していたが、実弟は「遺書を見て、自殺の理由は多香子さんにあることはすぐにわかりました」と語っている。

 そして上原だが、TENNさんの死後も、その名字である「森脇」姓を名乗っていたが、今年5月に舞台で演出家のコウカズヤ氏(40)との交際が発覚すると、籍を抜いて上原姓に戻している。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000009-ykf-ent)

このニュースにネットでは
「TENNさんの家族がよく今まで我慢してたなあと思う」
「事実なら怖さを覚える」
「テレビでほとんど報道されないのに違和感」
「旦那様が亡くなっているだけに、今までのどの不倫よりも後味が悪過ぎる」
「全員どうかと思う。上原と阿部はもちろん、自殺してしまったTENNも、週刊誌に話す弟も」
「上原多香子さん、心は痛まなかったのかな?一生をかけて償うべきだと思います」

などの声が寄せられている。




宮迫博之ダメージなしも…不倫相手のモデル・小山ひかると美容マガジン『LBR』の編集長は業界追放か

 今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)で2人の女性との不倫疑惑を報じられた、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之が11日、金曜MCを務めるフジテレビ「バイキング」に生出演した。

(以下引用)
 同誌は宮迫が7月中に複数回、モデルの小山ひかる、さらに30代の美容ライターの女性と、別々の日にホテルで密会していた様子をキャッチし、ホテルを訪れる3人それぞれの写真を掲載。宮迫は同誌記者の直撃に、2人と知り合いであることは認めたものの、不倫関係については否定。女性2人も否定していた。

 番組での発言が大いに注目された宮迫。番組の冒頭では約10秒間深々と頭を下げ、「来たくはなかったですけど、嫁に『行って来い』と言われました」と語った。

 MCの坂上忍から2人との宿泊を「事実ですか?」と聞かれると、宮迫は「事実です」と認め、飲み会の後に“部屋飲み”しようとしていたらたまたま「2人きりになってしまった」と説明。そのうえで、「もしかしたら、『できるかも』と魔が差しまくった」と釈明した。妻がかなり激怒したことも明かし、「『ごもっともです』という言葉を一生分言った」と猛省したことを明かした。

 「上原多香子の“ゲスすぎる不倫”に比べたら宮迫の不倫疑惑に対する世間の“逆風”はまったく弱い。今後も不倫疑惑をネタにされ続けるだろうが、仕事につながるので結果的にはプラスか。おまけに、所属するのはテレビ各局に絶大な影響力を持つ吉本なので、あまり悪いようには報じられない」(テレビ関係者)

 不倫疑惑のお相手の1人である小山は記事が出た後、ブログもツイッターもまだ更新せず。「モデルとはいえ、あまり売れていないので、仕事には影響がなさそう」(芸能記者)というが、もう1人のお相手はなかなか深刻なようだ。

 「ネットではすでに素性が特定され、報道を受けブログを削除してしまった。おととしごろからネット上には宮迫との不倫を“告発”する書き込みがあったがついに発覚。信用はガタ落ちで、芸能人絡みの仕事はまずNG。いずれいせよ、仕事は大幅に減ることになりそうだ」(美容業界関係者)

 宮迫と美容ライターは見事に明暗が分かれてしまったようだ。
(https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-36220/)

このニュースにネットでは
「宮迫ってマジで1ミリもおもしろくないわ」
「宮迫引退しろ」
「宮迫マジもう消えてくれ!」

などの声が寄せられている。