- NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

ジュリー副社長、テレ朝と広告代理店に元SMAP3人「起用するな」と圧力をかけていた事が判明

 公式ファンサイト「新しい地図」立ち上げから、インターネットテレビ出演、映画製作など、めざましい芸能活動を展開している元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。3人のジャニーズ事務所退所に際して、ジャニー喜多川社長は「僕のできる範囲で応援します」と温かいメッセージを寄せていたが、ごく水面下では、ジャニーズサイドによる“圧力”が発生しつつあるようだ。

(以下引用)
 3人は今後、ジャニーズではご法度だった、インターネットを中心とした活動やプロモーションを行うといわれている。最初の大仕事は11月に放送されるabemaTV『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』で、同番組の発表が、ジャニーズ退所からわずか1カ月以内だったこともあり、大きな反響を呼んだ。

「この少し前から、ジャニーズはこれまで当たり前のように行っていた、マスコミや元所属タレントへの“圧力”を、一切行わなくなりました。テレビやスポーツ紙どころか、一部週刊誌もジャニーズからの要請には逆らえない状況だったものの、報道規制をかけなくなっているんです」(週刊誌記者)

藤島ジュリー景子

 ところが、abemaTVの運営元であるテレビ朝日に対しては、水面下での物言いがあったようだ。

「藤島ジュリー景子副社長が、発表があった直後に、『なぜ3人をあんなにも大々的に取り上げるのかと』、テレ朝上層部に対してクレームを入れていたそうです。テレビ各局とも、3人を番組で起用したいという意思はあるものの、やはりジュリー氏の機嫌を損ねてしまうのではと、どこも慎重になっていた。その矢先に『テレ朝へのクレーム』が発覚したため、やはりしばらくは、各局とも静観の姿勢を続けることになりそうです」(テレビ局プロデューサー)

 さらにジュリー氏は、テレビ局だけでなく一部広告代理店にも、同様の圧力を掛けていたようだ。

「ある大手代理店幹部に『3人を起用するな』と要請したとのこと。テレビCMから商品のイメージキャラなど、少しでもメディアに登場する機会を減らしたいのでしょう」(スポーツ紙記者)

 ジャニー社長の言葉もむなしく、やはりジャニーズは彼らを温かい目で見守ることはできなかったようだ。
(https://netallica.yahoo.co.jp/index.php/news/20171018-59509983-cyzowoman)

このニュースにネットでは
「いつまでもこだわって圧力かけるしか脳はないわけ?」
「自分が3人をSMAPを超えるくらいのタレントを生み出せよ」
「圧力しかすべがないお馬鹿事務所」
「ジャニーズは未だに、そんな事してるのか」
「テレビ局は他のタレント排除してまでジャ二タレ優遇しても今は何の旨味もないでしょう」
「極悪メリーに似てきたな無能ジュリー」

などの声が寄せられている。




磯山さやか、「Hの後どうやって下着回収してる?」にコメント

タレントの磯山さやか(33歳)が、バラエティ番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)に出演。“行為”のあとにパンツをはくタイミングについて語った。

(以下引用)
番組ではこの日、勝負下着についてトークを展開。その中で、「勝負の後、下着をどうやって回収している?」の話題になり、磯山は「そういうことがあったとします。もしもの話ですけど。そしたら男性が穿いたら、穿きます」と、同じタイミングにすると答えた。

磯山さやか1

磯山さやか2

磯山さやか3

すると、番組MCのおぎやはぎ・矢作兼が「男が全然穿かなかったら?」と聞くと「穿かない」と素直に回答。

これにはスタジオから「奥ゆかしい」「えー凄い!」など、称賛する声が上がっていた。
(https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171017-28548071-narinariq)

このニュースにネットでは
「こんな話するためにタレントやってんのかな」
「誠実に答えるのは良いけど、イメージ的に、下ネタには関わらない方が良いと思います」
「生々しいわ」
「磯山さやかがどうこうよりも、この番組に品がなさすぎ」
「こんな下らない話に乗っかるなよと言いながら結構興奮してます」
「最近すごく可愛いくなった」
「こういうこと人前で話す女のどこが奥ゆかしいの」

などの声が寄せられている。




水原希子「そんなに嫌いにならないで」涙で胸中訴え

 モデルで女優の水原希子(27)が、「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ」と辛い胸中を吐露した。

(以下引用)
 水原は20日、ツイッターを更新。「朝から涙が出る。今日は何だか弱いな私」と書き出し、「自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ。でも嘘は嫌だよ」と意味深長につづった。

 何があったのか詳細は明かしていないが、ネット上で批判を浴びることも少なくない水原。先日は人種差別的な誹謗(ひぼう)中傷に対し、ツイッターで「1日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います」とつづっていた。

 今回もそうした中傷を受けたのか、「HateよりLoveの方が気持ちが良い。そんなに嫌いにならないで」と呼びかけ、「私も皆と一緒。この世界に生きる1人の人間」と訴えた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00032541-nksports-ent)

このニュースにネットでは
「自分がこれまでしてきたことの結果だから、仕方ないでしょう」
「イメージ完全に出来上がりました。日本以外での活動を勧めます」
「嫌われている原因を人種差別と逃げてる限り解決しないよね」
「だから差別とか複雑な問題じゃなくて単なる性格の問題だって」
「もう遅いと思います」
「差別じゃ無くて人としてズレてるから叩かれてるんだって解らんのかね」
「なんで嫌われてるか考えたほうが良い」
「こういう人って、自分が原因ということもあるのに自分は悪くないのになんでみんなはと周りが悪いように言ったり思ったりするのが多くて、なんなのだろうという気もする」

などの声が寄せられている。




清水良太郎覚醒剤事件、警察に通報した風俗嬢が語る 「クスリ強要恐怖の120分」

「真っ暗になったホテルの一室で、彼は突然、『ねえ、キメセクしない? メッチャ気持ちいいよ』と言い出したんです。びっくりですよ。私が嫌がっても、口移しで無理矢理クスリを吸わせようとしてきた。二人きりの密室だし、怖くて逃げることもできませんでした……」

 バスト115センチ、Iカップ。誰もが振り向く魅力的なスタイルの30代女性の愛さん(仮名)は、クスリを強要された恐怖の瞬間をこう語り出した―。

(以下引用)
 10月11日、ものまねタレント・清水アキラ(63)の三男で俳優の清水良太郎容疑者(29)が、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁目白署に逮捕された。今年2月に『FRIDAY』が闇カジノ通いを報じ、4ヵ月間の謹慎の末、6月に復帰したばかりのタイミングで起きた出来事だった。

 違法賭博の次は薬物使用。どうしようもない二世タレントが起こしたこの事件だが、本誌は彼の覚醒剤使用を現場で目撃し、警察に通報したという女性・愛さんとの接触に成功した。

 都内ホテルへの派遣型ヘルス(デリヘル)で風俗嬢として働く愛さんは、事件当日の10月10日、派遣元の店からの指示を受け、現場となった池袋のホテルへ向かった。そして指定されたホテルの一室で彼女が見たのは、薬物使用の異様な光景だったという。愛さんが語る。

「この日、彼は『ハヤミ』という名前で午前11時半から2時間のコースを予約していました。ホテルに着く20分前に、彼に『今日はよろしくお願いします』と挨拶の電話を入れたんですが、『早く来てよ!』と焦れた様子で返されました。結局、ホテルに到着したのは、11時35分ごろ。部屋のドアをノックすると、ガチャッと解錠する音だけが聞こえてきました。普通、そこでお客さんが部屋に招き入れてくれるんですが、何も応答がないんです。30秒ほど待ってみましたが反応がないので、自分でドアを開けました。すると、彼はすでに真っ暗なメインルームに引っ込んでいて、ソファに腰かけていた。備えつけのテレビからAVが流れていて、画面の明るさで人の姿が見える状況でした。ガリガリの、やせ細った人だな、と思ったのを覚えています」

 この後、プレイが始まると清水容疑者は、薬物の使用を始める。
(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010000-friday-ent)

このニュースにネットでは
「慣れた感じですね」
「ヤク中の良太郎はこれはもうダメ」
「午前11時から2時間コースって…」
「これは執行猶予中にまた逮捕されるパターンだな」
「クスリ使って1度やると脳が快感を覚えて、普通じゃ最後までできないそうな」
「出会ったばかりのデリへル常に覚せい剤勧めるとか!この狂いまくった感覚察して常習だろうな」

などの声が寄せられている。




坂上忍、あおり運転をする人に理解を示す 「男で若い頃だったら、何回かやったことある」

 このところ、ワイドショーで連日取り上げられている「あおり運転」問題について、「バイキング」(フジテレビ系)のMCを務める坂上忍さん(50)が自身も経験があると告白した。

(以下引用)
 2017年10月19日の放送では全国各地で相次いでいる交通トラブルを特集。割り込みや追い越しなどに腹を立てて報復行動に出る人々=ロードレイジ(怒れる運転手)を紹介した。

■「『何だこの野郎!』とかって運転しちゃった時もあった」

 そこで番組では神奈川・大黒パーキングエリアでドライバー36人に「あおり運転をした事があるか」について質問。すると、軽度のパッシングやクラクションなども含め、「ある」が47%、「ない」が53%という結果になった。

 これを受け、坂上さんは

  「正直に言ったら、男で若い頃だったら、1度や2度...何回かやったことあると思います」

とコメント。さらには

  「僕もやっぱ、若い時はカチンときて『何だこの野郎!』とかって運転しちゃった時もあったし」

として、過去のあおり運転の経験を明かした。

 話を振られたコメンテーターの中尾彬さん(75)も「私も経験ありますよ。やっぱり(あおり運転は)やりますよね」とこれに理解を示す。

 坂上さんは

  「みんなそうですよね。やっぱり格好付けて運転してて、荒い運転しちゃって、でも怖い思いをしたり、人に迷惑をかけたりして、どんどんどんどん角が取れていくわけですから」

と結論づけた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000003-jct-ent)

このニュースにネットでは
「若気の至りで済ませてはいけない」
「坂上は飲酒でパトカーとやらかしてるからな。それ以前の問題」
「イラっとくることはあっても、報復はしない。事故になんかなったら大変だってことくらいわかるから」
「坂上最低、あたかも犯罪行為を肯定しているかのようだ」
「たとえやってても、影響力のあるテレビで言うべき発言ではないと思うわ」
「なぜ今の時期に堂々とそんな恥を語れるのか心境も理解できない」
「男だったら、みんながやってると思ってるのか?当たり前とか普通 とか思うな。おまえが標準じゃない」

などの声が寄せられている。




華原朋美「もう歌手を辞める…」

 歌手の華原朋美(43)が、「炎の体育会TVSP」(19時~・TBS系)で、「もう歌手を辞める……」と口にしていたことが明らかになった。

(以下引用)
 華原がその発言をしたのは同番組の企画「馬術部」で、彼女が夏に行ったドイツ留学から9月に行われた全日本大会出場までを追ったドキュメンタリー映像を振り返ったときのこと。ドイツでは基礎の基礎からのやり直しを指導され、自信を失う暇すら与えられずに朝から夜まで馬術漬けの毎日を送る華原。さらに帰国後も練習を重ねるも、昨年の国際大会以降から愛馬 「キャリーズサン」と呼吸が合わせることができずに全日本大会当日を迎えてしまう。

 スタジオにも登場した華原は自身の密着VTRを見る中で、唐突に「もう歌手を辞める……」とコメント。また自らが行ってきた留学・練習の映像を見て思わず涙する一幕もあったという。全日本大会では、五輪出場選手など日本のトップクラスの100名が出場。上位60名のみが進める決勝を目指した華原の思いも番組で語られる。
(http://news.livedoor.com/article/detail/13770918/?type=ranking&category=&rank=1)

このニュースにネットでは
「凡人ではないと思う」
「昔の恋愛とか、辞めたいとかいちいち話さない方がいいのに…」
「世界の厳しさを体験して、2足のわらじは無理と思ったんだろう。当然だと思う」
「真面目で真っ直ぐな人なんだと思う。一途なんだよね」
「歌手を続けるのも辞めるのも本人が決める事」
「恋愛も馬もこの人ってのめり込むと周りが見えなくなるタイプなんだね。だから挫折するとドン底彷徨うんだ」
「どちらも才能があるだろうし、二足のわらじでいいんじゃないかな。また自分を追い込むことになりませんように」

などの声が寄せられている。




干物女ぶりを明かしたガッキーの残念すぎる下半身事情

ガッキーこと女優の新垣結衣(29)が、「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演。世間のイメージとは大幅にかけ離れているであろうプライベートを明かした。

(以下引用)
 休日の過ごし方を尋ねられた新垣は、ひたすら寝る、自宅に友人を呼ぶ、掃除をするなど、自宅でゆっくり過ごし外出はあまりしないことを明かした。

 服の購入はネットショッピングで済ませていて、ストレス解消法は「家の中の普段触らないエリアを唐突に掃除すること」。自宅では「縦の状態でいるときがあまりない」と、つねに横になっていることを告白した。

「事務所が仕事を詰め込みすぎていて限界スレスレの状態で働いているようで、休日は出かける気力がなし。ガッキーのオフショットを撮影した一部週刊誌によると、行きつけの整体で体のケアをしていたというから、仕事以外のことは考えられない状態なのでは」(芸能記者)

 結婚について聞かれると、「29歳なので、いつかはしたいですね」と前向き。タイプの男性については、「優しい人が絶対にいいですよね…。あとは好きになってくれれば」とはにかみながら話したが、やはり、以前の恋愛が“トラウマ”になっているようだ。

「以前は関ジャニ∞の錦戸亮と交際したが錦戸は彼女に対して“オラオラ系”。ガッキーもついつい錦戸好みの女を目指してがんばってしまった。しかし、結局、あっちの方も錦戸と合わずに破局。揚げ句、錦戸が『ガッキーとあんなことしちゃったぜ!』と自慢しているのが耳に入り男性不信に。そして、いつの間にか干物女になってしまった」(テレビ局関係者)

 なんとか、ガッキーには立ち直って新たな恋を見つけてほしいものだ。
(https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171011-28617200-jitsuwa)

このニュースにネットでは
「くだらない」
「ネタ切れにガッキー利用してんじゃねー」
「ゲスの極み実話」
「凄い妄想力ですね」
「あっちのほう合わなかったって誰から聞いたの?妄想?」

などの声が寄せられている。




高嶋ちさ子「流さないでよ、炎上するじゃん」 凍りつくリハーサル現場が放送される

バイオリニストの高嶋ちさ子さん(49)といえば、私生活やテレビ番組での言動が物議を醸し、今や「炎上女王」との呼び声が高い。そんな高嶋さんが2017年10月18日、自身が出演するテレビ番組直前にツイッターで、できれば番組を見ないでほしい、「反省している」と前もって謝罪した。

(以下引用)
番組ではコンサートの共演者に対する「パワハラ」まがいの言動があったため、高嶋さんの願いもむなしく、またもや「炎上」した。

高嶋さんが出演したのは10月18日放送の日本テレビ系「1周回って知らない話」。8年前から「12人のバイオリニスト」で全国ツアーをしているとし、そのリハーサル風景が紹介された。プロデューサーを兼ねる高嶋さんは女性メンバー11人を舞台に上げ、それぞれが着ている私服に対し、花柄の服は嫌いだからタブーだ、などと注文をつけ始めた。演奏には、

「遅いんだよ、何度もやらせるなよ!ボケ!!」
と叱責しメンバーの表情が凍りついた。新加入した20歳のメンバーに対し、演奏がなっていないことを指摘し、

「血豆、作るくらいにさらっといて」
と言った後に、ベテランメンバー3人を呼び、

「あれじゃあたぶん使い物にならないし、戦力外通告。彼女には降りてもらう」
と本番1週間前にメンバーを入れ替えた。ツアーでの食事は高嶋さんが好きな焼肉弁当ばかり出すのだという。スタジオでこの事に関し、メンバーから焼肉弁当だけではなく野菜が中心などのもっと軽い食事も出してほしい、という要望があると言われた高嶋さんは、

「だったら、外に行って、草でも食ってりゃぁいいんですよ!」
と吠えた。

(中略)

放送直後からツイッターでは
「反省したフリは良いのでまず言葉遣いをどうにかして下さい...。豊田真由子より酷い」
「今見てますが相当ウザいっすね!老害以外の何者でもないと思いますよ。 出来ればテレビ出ないで下さい。今後見ないので」
「暴力(怒号を含む)を肯定的に扱えてしまう方は、放送界だけでなく、クラシック音楽界からも永久に消えて頂きたい」
などといった批判が数多く書き込まれた。
(http://news.livedoor.com/article/detail/13770875/?type=ranking&category=&rank=1)

このニュースにネットでは
「周りの人はしんどいだろうなぁ。何で怒り出すか分からない」
「仕事でもプライベートでも関わりたくないね。TVが取り上げて画面でると嫌でも見れられてしまう」
「こうやって自分のイライラを言葉にして平気で他人にぶつける人って何かの病気かね? 会社にもこういうババアがいる。自称、裏表が無くて自分の感情に素直な私という感じらしい。言われた相手がどう思うかとか何も考えないのか」
「こういう人って何事でも良くしたいからというより、自分の気が済むまで怒鳴りつけるよね。だから肝心の注意が入ってこない」
「こういうのを格好いいとか勘違いした女が、ちやほやするから付け上がる。 その繰り返しで治らないんだよ」

などの声が寄せられている。




爆笑問題・太田光が香取慎吾に手紙を書いたエピソードを明かす!「涙出た」と感動の声

お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、フジテレビ系バラエティ番組『おじゃMAP!!スペシャル』(19:00~20:54)にゲスト出演。太田の事務所にSMAPファンから大量の手紙が届き、ファンの想いを伝えるために太田が香取慎吾に手紙を書いたエピソードが明かされ、ネット上で感動の声があふれている。

(以下引用)
今回、爆笑問題がネズミに扮するコント「爆チュー問題」に太田と香取で挑戦。2人がネズミ姿で打ち合わせをしているときに、真剣トークが繰り広げられた。

9月8日にジャニーズ事務所を退所し、稲垣吾郎、草なぎ剛とともに共同ファンサイト「新しい地図」を開設し、新たな一歩を踏み出した香取。太田との関係について「なんかあるようでないようで、でもすごい知ってる人」と表現し、『SMAP×SMAP』や『SmaSTATION!!』への出演や、「We are SMAP!」の歌詞を太田が手掛けたことなどを振り返った。

そして、香取が「太田さんお手紙もくれましたね。この台本よりぶ厚かったと思う」と切り出すと、太田は「あるときから事務所に行くと、こんな(たくさんの)手紙が。人気出てきたのかなと思ったら全部SMAPのファンからで、『なんとかしてください』とか。俺に言われても、みたいな。そんなのが事務所行くたびに束で来ていた。この人たちの(想いを)伝えなきゃ悪いなと思った」と手紙に込めた思いを説明。香取は「伝わりました」と真剣な表情でうなずいた。

このエピソードに、ネット上では「太田さんの手紙の件、泣いちゃった」「爆笑太田との手紙のくだりのところで号泣」「涙出た」「太田さんのスマヲタからの手紙の話。慎吾の『伝わりました』の重みある一言に涙が溢れた」「涙が止まらない」などと感動の声が続出。「太田さん、いい人 太田さん、ありがとうございます」「太田さんSMAPに伝えてくれてありがとう」と太田への感謝の声も上がっている。
(http://news.livedoor.com/article/detail/13767101/)

このニュースにネットでは
「爆笑問題の太田の言葉 ”出来ることをやり続けてれば、風向きが変わる」 ”感動」
「かなりのぶっこみネタだけど、これもある意味好き勝手書いて騒いだマスコミ達を風刺する感じで太田さんなりのSMAP愛だよなぁと思うと泣けてくる」
「太田さんと慎吾ちゃんお互い気恥ずかしそうな距離感がいいね」
「太田さんと慎吾くんのやり取りに、姉が泣いている」
「太田さんの事務所に届いたSMAPファンからの手紙。 SMAPファンからの想いを何枚もの手紙に託して慎吾に渡してくれた。 慎吾にどうしても伝えたかったと。 そして、慎吾も伝わったって言ってくれた。 太田さん本当にありがとうございます」

などの声が寄せられている。




ローラがひそかに進めていた“予算1億円”巨額LA移住計画

「ラスベガスで銃乱射事件があった日、彼女は現地近郊でCM撮影をしていたんです。あまりの出来事にショックを受けていたといいます」(芸能関係者)

10月1日、米ラスベガスで起きた銃乱射事件。59人が死亡する大惨事となったが、その現場近くにローラ(27)はいたのだ。

(以下引用)
8月に一部週刊誌で所属事務所との“奴隷契約”騒動が伝えられたローラ。10年間という長期の専属契約で不当に拘束されているとして、 契約破棄に向けた事前協議を申し入れたという。記事では、所属事務所社長との不仲やローラが精神的に追い詰められていたとも。だが事務所は「そのような事実はありません」と否定。主張は真っ向から食い違っている。

あれから2カ月――。ローラはロサンゼルスに滞在し、仕事の際に日本へ戻る生活を送っているという。だが所属事務所との溝は、今も埋まっていないようだ。

「一部では事務所がローラさんの仕事を断っているかのようにも言われていましたが、実際は彼女が事務所経由の仕事をほとんど断っているそうです。姿を見せるのはレギュラーの雑誌の仕事か、CM撮影くらいです」(前出・芸能関係者)

このまま事態が平行線のままでは法廷闘争にも発展しかねない。そんななか、彼女はすでに次のステップへと動き始めているという。

「じつはローラさん、ロスで暮らす家を購入しようとしているんです。向こうで住んでいる部屋は所属事務所が借りているものなので、なるべく早く引っ越したいそうで……。『予算はいくらかかってもいいから早く引っ越したい』とまで言っていたそうです。今は少し落ちついたようで、1億円超の予算で探しているそうです」(ファッション関係者)

驚きの“巨額移住計画”を進めるローラ。ラスベガスでの銃乱射の衝撃を受けてもなお、米国移住と所属事務所との決別を求める気持ちは揺るがないようだ。
(http://news.livedoor.com/article/detail/13762401/?type=ranking&category=&rank=10)

このニュースにネットでは
「ローラー好きだけど、見なくなると忘れるんだなと。テレビってすごいね」
「ローラの存在感も、もう過去の存在に」
「ロスに住居兼事務所を構えてやる決心は良いと思うけど1度映画に出たくらいで考えが甘くないですか」
「事務所が借りてくれているLAの家でセレブ生活。1億円を出せる資金力。一般人からすると本当に奴隷契約なのって思ってしまう」
「移住はバングラデシュじゃダメなの?人気が出そうだけど」
「好きなようにすれば良い。ただあの映画一本でハリウッドスター気取りはちょっとおかしいからやめた方がいい」

などの声が寄せられている。