NEWSちゃんねる
fc2ブログ

NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

“春ドラマで断トツ”と評判なのは…? 某ネット掲示板でも異例の大絶賛!

山下智久の主演ドラマ『正直不動産』(NHK)第8話が5月24日に放送。高いクオリティーをキープしたまま最後を迎えそうで、「今期ドラマで断トツ」との声が多くあがっている。

(以下引用)
『登坂不動産』の営業マン・永瀬財地(山下)は、〝嘘もいとわない〟セールストークで成績No.1を維持し続ける、やり手の営業マン。しかしある日、アパートの建設予定地にあったほこらを壊したことから、祟りで嘘が吐けない体になってしまう。

言わなくてもいいことまでペラペラと喋る永瀬に、当然、客は激怒。契約寸前の案件まで次々と台なしに――。果たして、正直すぎる不動産屋となった永瀬は生き残れるのか…というストーリーだ。

第8話は、永瀬と月下咲良(福原遥)が300坪・5億円の土地売買を扱うことに。売り上げが落ち込んでいる登坂不動産としては是が非でも成約したいが、またもやミネルヴァ不動産が競合として立ちふさがる。交渉の結果、なんとか契約を勝ち取る永瀬だが、ある違和感を抱く。取引相手の交渉術が、かつてウソをついていた自分と重なったからだ。そこで、永瀬は、元同僚・桐山貴久(市原隼人)を呼び出すのだが…というストーリー。

「第8話は、不動産をめぐる詐欺を行う〝地面師〟をテーマにした物語でした。『正直不動産』ではこのように〝事故物件〟〝欠陥住宅〟〝店舗賃貸〟などエピソードごとに一つのテーマを置き、専門的な知識を入れながらもエンタメ性のあるストーリーを展開しています。1話完結のストーリーで起承転結がハッキリしており、キャラクターもしっかり立っている。NHKドラマのために注目度はあまり高くありませんが、出来は今期断トツと評判です」(芸能記者)

実際、この第8話にもネット上では絶賛の声が続出。あの罵詈雑言が飛び交う某ネット掲示板でも賛辞が飛び交い、早くもドラマ終了を惜しむ声が相次いでいる。

来期はもっと、NHKドラマに注目が集まりそうだ。
(https://myjitsu.jp/archives/354504)

このニュースにネットでは
《今期ナンバーワンです。視聴率はジリ貧だけど》
《今季最高面白いドラマがあと2話しかない…》
《1話完結のドラマでこれまで一度もつまらないエピソード回がなかったのは凄いことだな》
《この番組、勢いが衰えないところがすごいわ》
《毎回神回。終わって欲しくない》

などの声が寄せられている。



BIGBANG元メンバーV.I懲役1年6カ月!日本で気に入った子はすぐホテルに…暴露された裏の顔

 5月26日、常習賭博や売春処罰法違反などの罪に問われていた韓国グループ・BIGBANGの元メンバー、V.I(32)の有罪が確定した。懲役1年6カ月。

 9つもの罪で有罪となったV.I。一体どんな人物なのか。BIGBANG時代のスキャンダル、日本での“夜遊び”の様子を報じた「 週刊文春 」の記事を再公開する。

(以下引用)
 韓流トップアイドルグループ・BIGBANG。メンバーの V.Iは4日、名古屋から新幹線で東京に戻るなり、美女たちと合流し3軒のハシゴ酒。深夜、赤坂の韓国料理店を借り切り、ドンチャン騒ぎを始めると V.Iは店主に日本語でこう叫んだ。

「カネならある!!」

 BIGBANGといえば米経済誌「フォーブス」が先月発表した「世界で最も稼ぐ30歳未満の有名人」で13位にランクイン。ジャスティン・ビーバーやテイラー・スウィフトと肩を並べる国際的セレブなのだ。

「年間4400万ドル(約47億円)の収入があり、アジアでトップクラス。ヒットの理由はCDの複数買いです。事務所公認の『お見送り券』目当てでファンが同じCDを何枚も買う。AKB48の握手券と同じですよ。メンバー最年少の V.Iはお調子者の末っ子キャラ。日本語が堪能な親日家です」(スポーツ紙記者)

 だが、流した浮き名の数はメンバーで1、2を争う。過去、「フライデー」(2012年9月28日号)ではベッド写真が報じられているが、六本木や西麻布での豪遊伝説も数多い。

「酒癖が悪く、ホステスを雑にあつかうからNGな子が多い。カラオケバーでは複数の女性を呼ばせて、お気に入りの子をお持ち帰り。遊び方がバブルの頃の芸能人」(六本木飲食店店員)

 13年から1年以上、男女関係にあったA子さん(20代)も出会いは会員制のカラオケバーだった。

「すぐに『ホテルに来て』と言われ…」
「店にはスンリ( V.I)と取り巻きが数人いました。女の子は水商売風が多かった。私がファンだと知ると、スンリは店を出てすぐに『ホテルに来て』と連絡してきたんです。ホテルで私が昼間の仕事だと話すと喜んで『日本人は何で水商売すぐやるの?』って言っていた。終わった後、『他の人には言わないで、日本人はおしゃべりだから』と念を押して部屋を出て行きました」(A子さん)

 A子さんはその後も関係を持ったという。小誌は2人の関係を裏付ける写真を確認した。A子さんは V.Iが日本に来ると高級ホテル「C」や「P」に呼ばれた。

「最初は警戒していて、部屋に入ると携帯を取り上げられました。でも仕事の話をすると『頑張ってるね』って誉めてくれた。じゃんけんして負けた方がお風呂をいれて一緒に入って、ジャスティン・ティンバーレイクの歌を歌ったり。会うのはいつもホテル。食事はルームサービスで、サンドイッチとかカレーとか簡単なものばかりだった」(同前)

 だが、半年以上関係が続くと対応は雑になった。

「スマホで色んな芸能人を見て、『このコかわいい』って武井咲や石原さとみと仲良くなりたいと言っていた。行為の最中なのにLINEで女の子にメッセージを送っていました」(同前)

 他の女性と過ごした痕跡を見つけることもあった。

朝4時の“奇声”
「とにかく酒癖が悪く、女にだらしない。部屋に入ろうとしたら別の子が入れ違いで出てきたこともあった。私はその子に足を踏まれました。さすがに嫌になり関係を断ちました」(同前)

 小誌が目撃した冒頭のシーンも、 V.Iにとっては茶飯事。朝4時、奇声を発しながら店の外に出てきた V.Iは、30分前に合流した茶髪のモデル風美女に肩を抱かれ送迎車に乗る。クルマは定宿の「C」へ。降車するなり再び奇声を上げ、手を振り上げて女性とホテルに入っていった――。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/9d79b992c820a1df3fdd70efea116eaa1ceeb9a7)

このニュースにネットでは
「好きだった推しがこのような事になるなんてファンは辛すぎる」
「成功を収めたら色んな人が寄ってくる」
「生きていく上で大事なのは名声やお金だけではないとこの人を見て感じました」
「若くして世界的に有名になって莫大な財を手にして悪い大人に利用された結末がこんな形になってしまうのは本当に残念です」

などの声が寄せられている。



城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

〈ローラ役、一生懸命演じさせていただきます〉

俳優の城田優(36)が、直近の舞台やイベント出演のスケジュールを次々に発表した。

(以下引用)
 1つめが、この秋上演されるブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」。日本では故・三浦春馬さん(享年30)と小池徹平(36)のW主演で、2016年に初公演が行われた。

 三浦さんはドラァグクイーンのローラ役を好演。2019年にも再演され、「キンキーブーツ」は三浦さんの代表作の1つに数えられている。それだけに、三浦さんのファンからは、「ローラ役は三浦さんもの」という声も聞かれるが、今回、友人である城田が、三浦さんの当たり役ローラを演じることとなった。

 さらに、7月1日開催予定のイベント「テニプリ☆ソニック2022ーおてふぇす in 日本武道館ー」のほか、自身が出演する映画「バイオレンスアクション」が8月19日に公開される。

■たとえ話がガセでも無言を貫けない事情

 舞台を中心に俳優として順調にキャリアを重ねてきた城田に突如災厄が降りかかったのが、今年2月。

 元アパレル会社社長の東谷義和氏が、YouTubeチャンネル「ガーシーch【芸能界の裏側】」を開設。東谷氏と交友関係にあった芸能人の暴露を次々に開始。城田自身もその1人で、賭博行為、女性問題、投資詐欺に絡む数々の疑惑を東谷氏に暴露されていた。

 当時、城田は主演、演出を務める舞台「カーテンズ」の上演中だった。そのためか、自身の口からこの件について語られることはなかった。

「カーテンズが終演した直後に、城田の口から直接何かしらの説明があると言われていましたが、今に至るまで東谷氏の暴露話をスルーしています。これから舞台やイベントが始まることで、公に姿を現す機会が増えていく上に、今後のオファーを考えると、仮に東谷氏の話がガセだったとしても、いつまでも何事もなかったかのように無視を決め込むことはできないでしょう」(女性週刊誌記者)

 現在120万人超えのチャンネル登録者数を誇る東谷氏のYouTubeチャンネル。東谷氏は今後、城田から被害を受けた女性たちをチャンネルに登場させると予告している。これに対して、城田がどう対応するのか注目されている。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/7ba89bc065cbb8992a0ab790533806a1dcc6e36b)

このニュースにネットでは
「三浦さんのファンが、城田さんの起用についてあれこれ言いたくなる気持ちは分かる」
「ローラだけ変わって後は続投。これでは春馬さんのファンは納得出来ないでしょ」
「春馬くんのファンがなかなか穏やかな気持ちになれないことに一定の理解はできる」
「城田優さんって本当に三浦春馬さんの友人だったのかな…報道されている三浦春馬さんの人柄やエピソードと、youtubeで暴露されている城田優さんのエピソードの乖離が大き過ぎて、城田優さん側の「友人」アピールには違和感がある」

などの声が寄せられている。



木村拓哉、連ドラ〝1話カット〟報道をテレビ朝日が完全否定「当初より全9話の予定」

 木村拓哉(49)のテレビ朝日系ドラマ「未来への10カウント」(毎週木曜夜9時)が思わぬ騒動に巻き込まれた。視聴率不振のため当初予定されていた全10話を繰り上げ、9話を最終回にするという記事が一部ニュースサイトに出たのだ(削除済み)。これをテレ朝は全面否定。一体何があったのか――。

(以下引用)
「未来への――」は木村にとって、「BG~身辺警護人~第2章」(テレ朝系、2020年)以来、約2年ぶりとなる連ドラだ。それが放送短縮なら衝撃ニュースだったが、テレ朝宣伝部は「当該記事は間違っております。当初より全9話の予定で変更ありません」と完全に否定した。

 確かに〝平成の視聴率男〟と呼ばれる木村主演ドラマにしては、苦戦していると言っていいだろう。第3話(4月28日)、第4話(5月5日)と続けて世帯平均視聴率でひとケタとなってしまった。これは木村主演の連ドラ史上、初めての出来事だ。

 それでも低視聴率というのには無理がある。「キムタクドラマと考えれば少々、物足りないかもしれませんが、4月クールはどこも苦戦を強いられている。今クールでトップなのは二宮和也主演の『マイファミリー』で平均12%ちょっと。『未来への――』はそれに次ぐ2位です」(テレビ局関係者)

 今クールのドラマが軒並み低調な理由の一つとしてあげられるのが、コロナ禍による巣ごもり需要の低下だ。在宅率が下がっていることから、テレビ全体の視聴率も下落傾向にあるのだ。「未来への――」がひとケタとなった両話も、ゴールデンウィーク開始前日と真っ只中、と条件は悪かった。「GWが終わって視聴率も復調している。SNSには『おもしろくなってきた』というポジティブな声が多く、わざわざ1話減らすなんてことはない」(前同)

 テレ朝とジャニーズ事務所の関係性を見ても、繰り上げなんてことは考えられない。もともと両者はそこまで蜜月ではなかったが、木村がテレ朝開局55周年記念ドラマ「宮本武蔵」に出演したころから潮目は変わり、いまは緊密な関係を築いている。そんな状況下で〝キムタクにしては〟いつもより視聴率がちょっと悪いというだけで「テレ朝がジャニーズに繰り上げを切り出すことはない」(芸能関係者)

 テレビ局を取り巻く環境の変化も大きい。かつては視聴率至上主義がはびこっていたが、現在は全くそんなことはない。「日本のテレビ局も、ネットフリックスのように世界に配信して稼ぐということを視野に入れ、動いている。TBSの『日本沈没―希望のひと―』がネットフリックスで配信され大きな収益を上げたのはいい例。もちろんTVerなどの国内向け配信サービスの収益も無視できない。配信で稼げるコンテンツはバラエティーよりドラマ。だからこそドラマ枠は増えている。1話でも多い方がよく、そのコンテンツをむざむざ捨てるなんてことはない」(制作会社関係者)

 そもそも「未来への――」が放送されているテレ朝の「木10」枠は全8~9話が基本。想定外のことで話題になってしまった木村は、残り3話でさらに視聴率を上乗せして見返すことができるか。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)
(https://news.yahoo.co.jp/articles/182583933b0fd75f79c2130dd07cc4b9b9874b26)

このニュースにネットでは
「9話って中途半端だな」
「キムタクでも二桁行かないってのが、ジャニの末期」
「10カウントなのに?」
「ボクシングドラマなんだから10Rか12Rにかけて10話か12話にするだろ」
「最後は15分拡大スペシャルで縄跳びしてる山田杏奈ずっと映しとけばいいよ」

などの声が寄せられている。




田中圭が賭け麻雀か…事務所から内部告発

元アパレル会社社長の東谷義和氏(50)が25日に生配信を行い「僕がトライストーン内のスパイから得ている情報と今回の立花孝志さんに届いた告発文が一致しているんですよ。その中で大きく取り上げたいのが田中圭の賭け麻雀。ロイでやってるのは知ってたので」と暴露した。

(以下引用)
NHK党の立花孝志党首(54)が24日に自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿し「差出人のない郵便物が届きました。速達で重要情報在中ということで、私の会社宛にいただいております」と説明。

「中にはですね、A43枚に認められたものがあってこのように書いてあります。『立花孝志さん、以下、内容をお伝えします。トライストーンに関する情報です。私はトライストーンの関係者です。ガーシー問題も騒がれているのでこちらからも情報を提供します』と」と話した。

立花氏は他にも「トライストーン所属のタレントが賭け麻雀をしていることも、しかもその場所まで書いてあります」と明かしていた。

東谷氏は13日にYouTubeで生配信を行い、元NMB48の松岡知穂(24)が登場。東谷氏がこれまでに暴露していたトライストーンに所属する俳優の綾野剛(40)の未成年淫行などを、17歳の時に綾野と関係を持った松岡自身が証言した。

これまでに東谷氏が暴露していた通りに、松岡は「当時17歳だったときに綾野剛にお酒を勧められて飲みました。未成年で悪かったと思うけど。その後、彼と一緒にホテルまで帰りました。手を繋いでミナミの街を歩きました」と証言した。

「でも確かに17歳だったなという気はしますね。『もしなんかあっても18歳だと言うことを伝えてほしい』と綾野剛は言ってきました。お金の話もされましたね。綾野剛は私に『お金を包む』という言い方をしてます」と明かした。

東谷氏が「しかもこれね、綾野剛の所属事務所の山本又一朗社長は知らないよね?」と聞くと、松岡は「多分知らないと思います」と回答。

東谷氏は「又さんに内緒で剛は勝手にスタンドプレーで知穂に連絡をした。7年ぶりに口封じのために連絡。知穂のLINE見せてもらったけど鬼のような着信履歴だった」と話した。

東谷氏は他にも「又さんはなんで甘やかすの?トライストーン内部に『綾野剛をクビにしろ』という声が出てるんでしょ?小栗旬や田中圭や坂口健太郎を守るために切らなアカン時は絶対にある」と指摘。

「僕はトライストーンがそれをしない限り、小栗旬や田中圭や坂口健太郎も証人喚問して叩きます。剛は自分の口で『辞めます』と言いなさい。トライストーンは綾野剛1人を拾ったら小栗旬や田中圭や坂口健太郎も潰れるよ」と語った。

東谷氏は17日には、トライストーンに所属する俳優の小栗旬(39)が2012年に女優の山田優(37)と結婚した後に、別の女性と浮気していたことを暴露した。

東谷氏は17日に自身のTwitterを更新し「あれだけの事をしてもテレビやマスコミは無視し続ける。そんな山本又一朗が怖いんか?もーすぐ引退するじじいやん。過去に依存するんやなく未来にかけるやつおらんのかいなー」と投稿。

「とゆうことで、トライストーンと並行して山本又一郎に関わったタレント・事務所への攻撃に移らせてもらうわ。死なば諸共や」とつづり、小栗が女性を膝の上で抱きながら、笑みを浮かべている写真を公開した。

東谷氏は17日のTikTokの生配信では「あ、そう、瑛太とね小栗旬の写真は結婚後です。2人とも結婚した後やで。不倫だよ。結婚前の写真なんかあげてもしゃあないでしょ。それだとただ女遊びしてるだけでしょ」と明かした。

東谷氏はこれまでに「剛が気に入ってるのもあってよく一緒に遊んだのが小島瑠璃子です。剛が案の定、酔っ払って小島を連れて帰ろうとしたんですよ。タクシーに小島を乗せ込んだ時、かなり無理矢理だったみたいで」と暴露。

「小島から『怖い、綾野剛が酔っ払ってて無理やりタクシーに乗せられた。週刊誌もこのまま連れて帰られるのも怖い。どうにかして。剛は後ろから運転手を蹴ったり、罵声を浴びせている。ホンマに怖い』とLINEが来た。信号で止まった時に、降りて逃げた」と明かしている。

東谷氏は他にも「よく、剛の飲み場に来てたのが柏木由紀です、AKB48の。柏木はめっちゃ来てましたね、剛とそういう関係なんやろなと思ってましたし、実際に剛と帰っていくのも見ているんで。きゃりーぱみゅぱみゅも来てましたね」と説明。

「出会ってまだ間がない時に、僕の大阪のバーに剛が飲みに来てくれました。その時に僕の友達を1人紹介したんですけど、そいつが結構あんぽんたんなやつで、どんだけ言っても未成年の女の子連れてきたり人妻連れてきたりするんですよ」と明かしている。

東谷氏は他にも「その時も『NMB48の子を呼んでいいですか?』と言われて、来たんですよ。名前は松岡知穂。当時17歳とかでした。年齢聞いたら未成年って分かって、結局その場に残ったんですよ」と説明。

「その後、剛はめっちゃ酔っ払って『この子と帰りたい」と言い出したんですよ。『彼女のことはあんまLINEしないでおきましょう、危険なんで』と来てましたけど。『未成年はアカン、絶対喋るで友達やメンバーに』と言ったけど『それでも連れて帰る』と言ってた」明かした。

東谷氏は他にも「で、ホテルに連れて行かした。その女の子からも『誰にも言いません』とお礼が来てました。結局その後、NMBの子はみんな知ってたんですよ。彼はホンマに酔ったら自制心が効かなくなるんですよ」と説明。

「1人よく名前が出てくるのが、今欅坂46なんかな?辞めたんかな?松平璃子という子。もともとラウンジで働いていた子で、僕らもラウンジガールをしている時に知り合って、剛のところによく来てる時もまだラウンジ嬢だったと思います」と明かしている。

東谷氏は他にも「その後、欅坂に入ってからも僕らの周りとは色んな関係を持ってましたね、彼女は。それは各タレントごとに話をしていこう思います。もちろん剛ともそういう関係でした。1回この子が自分でリークした疑惑があって」と説明。

「『もしかしたら週刊文春に言われたかもしれない。天下の綾野剛が欅坂の女の子とそういうことになったらイメージが悪い』とめっちゃ焦ってました。女の子と堂々とタクシーに乗ってるのに」と話している。

東谷氏は「酒癖は僕が知っている中でも1~2を争うぐらい悪いです。それは売れてきても変わらなかったです。ある時に朝4時ぐらいかな、僕家で寝てて。CanCamの女の子から電話かかってきたんですよ」とも説明。

「モデルの。坂田梨香子ちゃんっていう、もう結婚しちゃったんですけど。『連絡がつかなくなった』っていうから『もっかい連絡してみい』って言って、で『連絡ついた』っていうからそこで終わって」と明かしている。

東谷氏は他にも「その後30分しない内に泣きながら電話がかかってきて『ちょっと話を聞いてほしい』と。『何があったん?』って聞いたら『剛に呼ばれて剛の家に行った』と。で、しゃべる間も無く寝室に連れて行こうとした」と説明。

「『いや剛あかんて。私生理やから。今日できないよ』っていう話をしたら、なんとその時剛が『帰れ。お前生理やのに何しに来てん。用ないから帰ってくれ』とブチギレたらしいんですよ」とも暴露している。

東谷氏は「『いや私剛くんに呼ばれてここまできたけど財布も何も持ってないし、言ったやんかお金も何もないって。どうやって私帰るの?』って言ったら『いやお前のカバンの中に1万円投げ入れてるから、タクシーで帰れ』と言われた」とも説明。

「で、彼のマンションは迷路みたいになってて、どうやって出るかもわかんなかったみたいで泣きながら電話がかかってきて。で、結局彼女がした行為は柵を乗り越えて、手が傷だらけになって、転げ落ちてやっとマンションから飛び降りたんですよ」と明かしている。

東谷氏は他にも「で、その後また電話かかってきて『剛くんが入れてくれた1万円入ってない。もう電話出てくれない』と。結果、剛は1万円入れてなかったんですよ。で、結局僕がUber呼んで、家まで呼んで、そのこと色々話をしたんですけど」と説明。

「『剛に無理やり呼び出されて、行く気はなかったけど、Uberも呼んで絶対来てほしいと言われたから行った』と。で、あれ彼女にも怒ったんですよ。『ふらふら行くお前も悪いで、剛がどんな性格か知ってるやん』って」と明かしている。

東谷氏は他にも「俺らの中では有名なんで、剛の女好きも含め。酒癖悪いのも含め。今まで本当に記事にようなってないなと思います。それぐらいに剛に関しても爆弾いっぱい持ってます。剛のケツ拭いたの1回2回じゃないんで」と語っている。(KrowNews)

このニュースにネットでは
「田中圭って言い噂全くないな」
「驚かない」
「してそう」
「この人なら」

などの声が寄せられている。