FC2ブログ

NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

宮迫博之、テレ朝「アメトーーク!」から抹消!出演場面全カット、擁護論もウソ発覚で一転

 吉本興業のお笑い芸人が事務所を通さず仕事をする闇営業を詐欺グループとの間で行っていた問題で、謹慎処分を受けた「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)が司会を務める人気番組「アメトーーク!」(木曜後11・20)を放送するテレビ朝日は25日、収録済みの番組を再編集して放送すると発表した。宮迫の出演場面はカットするという。強まる世論の風当たりに同局は、事実上の“抹消”を決めた。

(以下引用)
 テレビ朝日広報部はこの日、宮迫ら謹慎となった芸人の収録済み番組について「出演部分について、できるだけ配慮し再編集して放送いたします」と発表。再編集の具体的な内容について同局関係者は「当該の芸人をカットして放送するということ」と明言した。

 「アメトーーク!」で宮迫は司会を務めておりカットや修正が困難な場面もある。同関係者は「種々の編集を施して、当該の芸人を映像処理する方針と聞いています」と説明。今後の同番組で、宮迫の姿は完全に抹消される見込みだ。

 「アメトーーク!」は深夜帯でも平均視聴率10%を上回る看板番組。2003年から司会を務める宮迫は番組を育てた功労者で「反社会的勢力が相手とは知らなかった」(番組関係者)と、局内には擁護論も根強かった。しかし、当初「金銭は受け取っていない」としていた説明がウソだったことが影響した。

 ネット上では「保身のためのウソ」「コメントもしらじらしい」などの厳しい書き込みが相次ぎ、ウェブ関係者は「9割方は宮迫に否定的な意見」と指摘。テレビ朝日は前日24日の処分発表後「対応を慎重に検討しております」としていたが、今回の吉本の発表について一夜明けたこの日、同局広報部は「遺憾に思います」とコメント。1日で“宮迫色を一掃”する決断に至った。

 この日は、同じく謹慎処分となったロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が出演していた「ロンドンハーツ」(後11・20)が同局で放送されたが、田村の出演シーンはカット。冒頭「この番組は6月2日に収録したものです」のテロップが流れた。番組スタッフは「編集作業はかなり急ピッチで間に合わせた」と話した。

 吉本は、この日の宮迫の行動について「謹慎中のため、お答えできません」とした。親しい知人は「自宅で静かにしていると聞いています」とし、外部との接触を断っているようだ。吉本のみならず、ワタナベエンターテインメントのザブングルを含む計13人が謹慎となった騒動。今後も厳しい目が注がれそうだ。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000099-spnannex-ent)

このニュースにネットでは
「宮迫は謝罪文でも嘘をついてしまったことについては触れもしなくて卑怯な印象がより強まったな」
「謹慎では甘い」
「この嘘は本当にかっこ悪い。普段ナルシストでかっこつけてるだけに余計に気持ち悪くなる」
「そもそも、やましい事がなきゃ嘘なんてつかないんだよ。闇組織である事もわかっていたと思う」
「まだ最初の対応で事の詳細を正直に話していれば、ここまで大事にならなかったかもしれないのに」
「テレビと言う公の場にいる人間が、保身のために民衆に嘘をつく。絶対にあってはならない」
「宮迫が嘘をついたせいで、後輩芸人も嘘をつかなくてはいけなくなった。罪は他の芸人より格段に重いと思う」

などの声が寄せられている。




宮迫博之ら闇営業参加芸人、吉本聴取前にノーギャラの打ち合わせをしていたことが判明

 問題視された闇営業の実態解明に吉本興業が取り組む中、仲介役だったカラテカの入江慎也(42)を中心に、参加した芸人間で金銭の授受に関して、事前に打ち合わせをして事情聴取に臨んでいたとみられることが25日、分かった。

(以下引用)
 吉本は2009年に株式を非上場にした時から反社会勢力との断絶などコンプライアンスの向上に積極的に取り組んできた。さらに11年、島田紳助さん(63)が暴力団関係者との交際で芸能界を引退したことで取り組みを強化した。

 今回の問題は今月7日、写真誌「フライデー」の報道で明るみに出たが、吉本は同誌からの問い合わせを受けて、同誌が報じた14年12月の詐欺グループの忘年会に出席した宮迫博之(49)と田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ福島善成(41)らから事情聴取を行った。

 芸人仲間は「5年前の出来事で記憶が曖昧な部分が多かった。ただ、ギャラに関しては全員が“受け取っていない”認識だったと会社側に最初説明したようです」と話す。

 その後、別の誕生日会に7人が参加していたことが同誌報道で発覚。関係者によると吉本は、闇営業に出席した11人の当該芸人をはじめ、芸人仲間ら100人近くを対象に、約1カ月をかけて徹底的に調査したという。参加した芸人には計4度の事情聴取を敢行。後ろめたさからか、ついに「お金を受け取ったような気がする…」と真相について口を開き始めたという。

 同関係者は「全員、相手が詐欺グループとは知らなかった。ただ、ここまで大事になると深く考えずにウソをついたようです。闇営業への後ろめたさや家族への思い、保身の気持ちが真相の究明を遅らせてしまった」と話す。

 吉本では、芸人やスタッフに対して年2回の社内研修など定期的にコンプライアンス意識を徹底させる試みを行ってきた。仕事が忙しい芸人らには楽屋などで個別で指導。もちろん宮迫や亮ら参加芸人も受けている。他の芸能事務所幹部は「最後はタレント個人の資質に委ねざるを得ない面もある」と話した。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000004-spnannex-ent)

このニュースにネットでは
「営業に行ってノーギャラというのがそもそもありえない話」
「隠蔽しようとつるんで虚偽報告する典型的な悪質なケース」
「芸能界は処罰が甘い、本件は一般企業では懲戒解雇レベル」
「虚偽報告をすると決めたのは誰か、その人は解雇で良いと思います」
「今回は入江と同じくらい宮迫の責任は重い」
「迷うことなく、隠蔽工作した芸人は解雇ですよね」
「年長者で一番売れてる宮迫に最初に対応の相談をしているはず。みんなが嘘をついたのは宮迫の方針に従っただけ」

などの声が寄せられている。




小島瑠璃子、土屋太鳳ディスるツイートに“いいね”!ネット騒然

 バラエティに挑戦しはじめたライバルを、早いうちに潰す作戦か?

 人気タレントの小島瑠璃子が、一般人の投稿した女優・土屋太鳳をディスるツイートに“いいね”を付けたことがネットで注目を集めている。現在“いいね”は外されているが、“証拠”となるスクリーンショットも残っており、“いいね”したことについては間違いないようだ。当然、操作ミスによる“誤爆”の可能性も充分にあるのだが、はたして小島の真意は・・・。

(以下引用)
 小島が“いいね”したツイートは「こじるりとかは賛否分かれるけど、たおは9割ぐらい嫌ってんじゃない?(笑)」と書かれたもの。日本テレビ「ぐるナイ」の人気企画「ゴチになります!」を見ていた投稿者が、負けて涙を流す土屋を見た感想を述べたものだという。

 これだけならばよくあるテレビの“実況ツイート”だ。しかしそれに芸能人の小島が“いいね”したことで、「何か思うところがあるのか」「“裏アカ”と間違えた?」など周囲をざわつかせている。

 ゴチになります!とは、高級レストランを舞台に、値段が見えない状態のメニューを注文し設定金額に近づけていくコーナー。最終的に設定金額から最も離れていた参加者が、全員分の食事代金を支払うルールだ。

 その「ゴチ」に、2019年1月から土屋がレギュラー参戦。絶好調の女優業だけでなくバラエティでも活躍を見せはじめている。そこでの土屋をディスっているツイートに、小島が“いいね”した格好だ。
(https://entamega.com/19251/2)

このニュースにネットでは
「わざとだろ」
「こじるり性格わるっ」
「間違って押すことあるよ」
「裏アカのつもりだった?」
「女優もバラエティもこなす土屋太鳳に嫉妬してる?」
「ゴチ出たかったのかな」

などの声が寄せられている。




加藤浩次、お友達のロンブー亮への発言に「かばいすぎ」と批判殺到

 親しさの度合いでこうも違うのか。『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次が、反社会的勢力への闇営業で金銭受領をし、謹慎処分を受けたロンドンブーツ1号2号の田村亮に対しコメントしていたのだが、いつもの弁舌が振るっていなかったのである。

(以下引用)
 一方、裏でオンエアされていた『ビビット』(TBS系)の千原ジュニアには、「ジュニアの方が随分マトモな事言ってるように聞こえる」「昨日からの芸人のコメントで一番厳しくて一番まともな意見」「グッときた」「同感」と称賛が集まっていた。その違いを見ていこう。

 「加藤は昨夜、亮本人から電話があったとしながら『なんでウソつくんだ?』『最初にすべて正直に言っていたらこんなことにならなかった可能性もある』『許されることじゃないだろ』と叱責したと言及。これに対し、亮は『ただただ自分の保身です』と謝っていたと振り返っていました。しかし、加藤の亮への批判はそこまでで、後は『吉本興業の初動ミス』と、怒りを会社側にぶつけていたのです」(芸能ライター)

 これに対して、ネットユーザーは加藤の“亮にキレているように見えてそれが実はポーズなのでは”と見抜いたようで、「後輩想いは分かった。 ただ、かばいすぎ」「擁護してる感が満載」「芸人の身内かばい気持ち悪い」「狂犬改めて、(吉本の)忠犬、加藤浩次」と、むしろ逆風にさらされる形となってしまう。

 一方、ジュニアのコメントは正反対の評価を受けた。ジュニアはまず、宴席の仲介役でもあったカラテカ入江慎也の解雇について、「反社会的勢力と数多くの芸人をつなげたということで解雇は当然」と明言する一方で、「1人の芸人がいわば自業自得ですけど死んだ(事務所から契約解除された)わけです。その時に先輩である(雨上がり決死隊宮迫博之と田村亮の)2人が矢面に立って質疑応答込みの記者会見を開くべきだった」と非難。

 さらに、「Twitterでとか、ラジオでとかで一方的にいうのは、先輩としていかがなものか」「すべてをさらけ出したほうが今後復帰する時のためにも良かったんじゃないか」、そして、「芸人が今喋らないでいつ喋んねんと思いますけど」など舌鋒鋭く話していたのだ。今回ばかりは、ジュニアに軍配が上がったようだ。
(https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190625-38047666-naigai)

このニュースにネットでは
「加藤浩次はもともと都合のいいニュースにだけ切り込むパフォーマンスしてるだけの忖度芸人」
「ジュニアすごいね」
「松っちゃんも加藤も、今回の件は論点をずらして誤魔化してたよね。見損なった」
「加藤浩次はラジオで亮のありえない言い訳にも「仕方ないよね!」って相槌してて、ダメだこりゃって感じだった」
「ハリセン春菜さんが号泣したらしいが、お世話になったからかは知らないが、泣きながら先輩を庇う必要はどこにある?」
「ハッキリ言って宮迫、宮迫は潰れるまで徹底的にやられる、なんせ好感度が低い 、全体の流れが宮迫を潰す方向に動いてる。
諦めろ、宮迫」
「不倫の時といい、今回も宮迫は自己の保身に必死過ぎてあまりに情けない醜態を晒してしまった。情けない男」

などの声が寄せられている。




“闇営業”問題で宮迫らに脱税疑惑浮上!関係者「申告されていない疑い強い」

 闇のカネは闇でしかない。吉本興業などのお笑い芸人が反社会勢力のパーティーに事務所を通さず出席する“闇営業”をした問題で、金銭を受け取っていたことが明らかになり、謹慎処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人13人。闇営業で受け取ったカネは正規の収入でないだけに、きちんとした税務処理をされていない疑いは拭えず、ある疑惑が浮かんでいる。

(以下引用)
 吉本興業は24日、宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら芸人11人の謹慎処分を発表した。ワタナベエンターテインメントは同日、お笑いコンビ、ザブングルの加藤歩(44)と松尾陽介(42)も同様の理由で謹慎処分としたことを明らかにした。

 一部週刊誌では、宮迫には前金で100万円が渡ったと報じられたが、今回、吉本は「報じられていた金額ではありません」としている。

 ある演芸関係者は「売れない芸人にとっては闇営業も飯を食うタネ。小遣い程度に考えている芸人も少なくない。今回のケースは氷山の一角にすぎない」と指摘する。

 こうした闇営業のカネは、その場で手渡されるケースが多い。「いわゆる“取っ払い”です。これなら取りっぱぐれることもないし、領収書なども残さないので税務処理もしないで済みますからね。今回は仲介したカラテカの入江慎也(42)に振り込まれたうえで、芸人たちに分配されていたようですが、状況的には取っ払いと同じです」と先の演芸関係者。

 「多くの芸人は事務所と契約していても、いわば“個人商店”なので税務申告は個人でしていますが、こうした闇の収入は税務申告されていない疑いが強いのです。こうした闇収入は1回分は大きくなくても、回数を重ねれば相当な額になりますからね」とも。

 弁護士の高橋裕樹氏は「受領した報酬について税務申告していなかったとすると、脱税の可能性があり、修正申告を迫られることになるだろう。報じられている額も大きいため、今回の件を含めて税務調査の対象になることも考えられるが、裏の金であり、税務当局も確たる受領の証拠をつかむことは難しいかもしれない。“闇営業”については事務所とのタレント契約の違反という話も出てくるのではないか」と話す。

 うまい話など、どこにもないのだ。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000000-ykf-ent)

このニュースにネットでは
「宮迫は「間接的」などの文言を入れるなど反省の色が見えない」
「詐欺にあった方から搾取したお金を闇営業でもらい、それを生活の足しにした芸人は断罪されるべき行為です」
「吉本にも問題がある。契約書のない雇用契約って問題多すぎですね」
「申告せずに懐に入れて、脱税したのでしょう」
「口ぐらを合わせ、嘘で逃げようと画策した人間がいる」
「宮迫のことだから、すべてを入江におわせ、自分のダメージを最小限にしながら復活する気だと思う」
「脱税に関しては、入江の口座を調べればいろんな事が分かるだろう」
「代表格の宮迫が一度記者会見でも開かないとおさまりがつかないよ」

などの声が寄せられている。