FC2ブログ

NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

ユーチューバー「NGT関連資料」公開で物議! 山口真帆暴行事件についてAKSが新潟県に虚偽説明

 ユーチューバーの「シークレットナイト」が公開したNGT48騒動に関するある資料が話題になっている。

(以下引用)
「シークレットナイト」は、当時NGT48のメンバーだった山口真帆がファンの男性から暴行を受けていたことが発覚した騒動後から、事件について発信してきたユーチューバー。しかし、6月にユーチューブ側から収益停止を受けて以降、7月末にオンラインサロンを立ち上げ、サロン内で情報収集などをしていた。

 今回注目を集めているのは、「シークレットナイト」が18日にアップした「【さようなら】役所への虚偽説明 完結編。」という動画。その中で「シークレットナイト」は、サロンの元メンバーからの情報提供を受けたという、1月22日に行われたAKSから新潟県への事実説明の際の面談記録を公開した。その中には、騒動発覚後、AKSが事件について県の担当者についてした説明がつづられており、「山口本人がマンションで犯人に声をかけられ、驚いて大きな声を出した。頭を掴まれてどうのこうのではなかった」「(山口)本人は被害者と言ってあるので、被害者とするが」「山口にまつわる色々な噂が出ていて」などと記されていた。

 しかし、3月21日公表の第三者委員会の報告書によると、犯人の男性・乙は山口の顔をつかんで押し倒そうとしてきたとされており、同じく犯人の男性・甲に関しても、「山口氏の目と鼻のあたりを親指と人差し指で,山口氏の両こめかみを押さえるような形で,顔面をつかんだ」「山口氏の口を押さえてきた」とされていた。AKS側の矛盾する説明について、ネットからは、「これ思いっきり虚偽説明じゃん…」「最初は山口さんの思い込みってことで終わらせたかったことがよく分かるね」「山口さんをケアするどころか県にうその説明してたってひどすぎる」といったAKS側への批判の声が殺到する事態になっている。

 また、3月22日に行われたAKSの記者会見中、山口が「記者会見に出席している3人は、事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました」とツイートしていたが、結果的に山口側の主張の信憑性が立証された形に。これに関しても、「資料が公開されればされるほど、山口さんが言ってたことが本当だったって証明されていく」「山口真帆さんの主張の正しさが、また立証された」という声も上がっている。

 いまだ謎が多く残るNGT騒動。ネットからはAKS側への不信感がさらに増した形となった。
(https://npn.co.jp/article/detail/84611107/)

このニュースにネットでは
「やっちまったなぁAKS」
「秋ブタはいまだにダンマリか」
「顔面つかんでくるような暴行犯となんで公園で話し合うことになるんだ?」
「黒塗りの部分長すぎ」
「NGTの肩持った文春どうすんの」
「AKSはお金のためならメンバーの被害事件も握り潰す会社なのか」
「NGT終了だろ」

などの声が寄せられている。




嵐のファンクラブ存続願う声が殺到「休止中でも会費払うよ」

嵐のファンクラブが10月21日、会員に向けて「21年1月以降のファンクラブの形を検討している」と明かした。20年の12月31日で活動休止となる嵐だが、ネットでは「休止中でもファンクラブを継続してほしい!」といった声が殺到している。

(以下引用)
同日、嵐のファンクラブは「会員の皆様にお知らせがございます」と切り出し「2020年12月31日をもちまして嵐は活動を休止いたしますが、それに伴い、2021年1月以降のファンクラブの形を、現在、検討しております」と報告。さらに「詳細が決まりましたら皆様にご案内いたしますので、誠に恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます」と呼びかけた。

続けてファンクラブは、20年12月までの会費の納め方などを伝え「今回のお知らせは、事務手続きのご案内となりますので、ご理解いただけますと幸いでございます」ともつづっている。

すると嵐ファンからは「検討しております」という文言に対し「これからもファンクラブを継続して!」といった声が。Twitterでは「#休止中でも年会費払うよ」というハッシュタグがトレンド入りを果たし、存続を願う声が上がっている。

《払わせてください 嵐ファンの証が欲しい ずっとこの会員番号で応援し続けたい 嵐と少しでも繋がっていたい》
《一切還元されなくていい たくさん、たーくさん プールしておいて いつか復活するとき それを湯水の如く使って でっかい打上花火みたいな復活ライブをぶち上げてくれたらいい ただそれだけ》
《休止中でも、年会費払うので、FCなくならないでほしいです! よろしくお願いします!》

さらにファンクラブの形について「検討中」と表明していることについて、ファンからは《「終了」ではなくて「検討中」としてくれたのが、どこまでも誠意があって嵐らしい嵐のFCらしい対応だなと思いました》《「こうしました」ではなくて「検討中です」って途中経過をメールでくれたのも大変ファン想いでは!?》といった声が上がっている。

また他アーティストのファンからは、こんな声も。

《#休止中でも年会費払うよ がトレンドで、嵐ファンの皆さんの気持ちに胸アツです 私は多くのヒデ友さん同様 西城秀樹 さんがこの世を旅立ってからファンクラブに入りました。ヒデキさんの功績を残す活動を微力ながら応援したいから》
《嵐のファンの皆さんがこのタグで、ファンクラブの継続を願って、トレンド入りしてますね。気持ちは痛いほどわかります。少年隊 も3人での活動がなくてもファンクラブは続いて欲しいから お願いします》
(https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1787995/)

このニュースにネットでは
「暇だな」
「ファンあついね」
「いい金ヅル」
「なんかメリットがあるの?」
「ファンからの要望だし金巻き上げれるんだからファンクラブ残したらいいじゃん」
「お布施」
「働いてなくても儲けれるな」

などの声が寄せられている。




さすがキムタク!木村拓哉主演ドラマ『グランメゾン東京』視聴率12.4%の好発進

 10月21日、木村拓哉の主演ドラマ日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)がスタートし、視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だった。当初、21時からの放送予定で、NHKのラグビーW杯準々決勝の日本対南アフリカ戦と時間帯が重なるため、視聴率への影響が懸念されていたものの、TBSの日本シリーズ第2戦が延長したため、21時50分開始に。ちょうど、日本対南アフリカ戦の放送が終わる時刻と同じだったため、ラグビーW杯と被ることなく、オンエアされた。

(以下引用)
 この初回12.4%発進をどう捉えるべきか。2017年以降、最近3年のTBS日曜劇場枠の初回視聴率と比べると、12本中9番目になる。これだけを挙げれば、低調に思えるかもしれない。ただ、単純に12本の初回の数字を平均化すると、13.0%になる(*ここでは、発表された12本の視聴率を簡易的に計算。小数点第2位以下を四捨五入)。

 初回の『グランメゾン東京』のほとんどが22時台に放送されたことを考慮し、今年の民放で22時台開始の連続ドラマの初回視聴率と比較してみよう。すると、27本中4番目の好成績となる。1位は1~3月期の水曜22時台の『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)と金曜22時台の『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)の12.7%だから、0.3%しか変わらない。

 周知の通り、1990年代や2000年代と比べ、テレビ全体の視聴率は落ちている。にもかかわらず、木村拓哉は『ロングバケーショーン』(フジテレビ系、1996年)や『ビューティフルライフ』(TBS系、2000年)など過去の主演大ヒット作を持ち出され、期待値も大きいため、12.4%でも「低い」と言われる場合もあるだろう。

 だが、最近のドラマで12.4%発進であれば、合格点の数字と言えるのではないだろうか。実際、10月スタートの連続ドラマの初回視聴率では、20.3%の『ドクターX』(テレビ朝日系、木曜21時台)、16.7%の『相棒 season18』(テレビ朝日系、水曜21時台)、12.8%の『シャーロック』(フジテレビ系、月曜21時台)に次ぐ4位である。

 日本シリーズの延長でいつドラマが始まるかわからない状況、他局が驚異的な視聴率を記録した直後の時間帯に始まったという悪条件の中で、よく12.4%も獲ったのではないか。

 ラグビーW杯の日本戦があったため、ドラマを録画した視聴者も相当数いたと予想されるため、今後発表されるタイムシフト視聴率にも着目すべきだろう。

 そもそも、高視聴率ドラマは、脚本や音楽、キャストの組み合わせ、放送局、時間帯など様々な要素が噛み合った時に生まれるもので、主演だけで決まるわけではない。

『グランメゾン東京』では鈴木京香や尾上菊之助、及川光博、玉森裕太、沢村一樹などの俳優陣が名を連ねている。しかし、豪華キャストで周りを固めたからといって、必ずしも数字が上がるとは限らない。

 木村拓哉がドラマを始めると、他の主演俳優以上に視聴率が騒がれる。その境遇は、誰とも共有できない孤独なものであろう。

 尋常ではないプレッシャーを浴びながら、新ドラマに挑戦する姿勢を素直に称える風潮がもう少し出ても良いと思う。
(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-00000012-pseven-ent&p=2)

このニュースにネットでは
「昔見たようなベタな展開」
「キムタクドラマにありがちな天才・ワガママで人を振り回すキャラ設定」
「第一話はテンポが良くキャストもハマっていて面白かった」
「キムタクは何やってもキムタクって感じだった」
「木村も単なる出演者のひとり。そう思って観ればいい」
「キムタクはアンチが悪口言うためにわざわざドラマをチェックするという、謎の集客力があるから視聴率は稼げる」

などの声が寄せられている。




妻KEIKOと離婚調停中の小室哲哉、調停前日に看護師A子さんが家族を連れ小室宅に宿泊

 音楽プロデューサー・小室哲哉氏(60)と妻で歌手のKEIKO(47)の離婚調停。東京家庭裁判所では既に5回の調停が行われているが、別居中の婚姻費用などをめぐって双方の主張は大きく食い違い、金銭闘争の様相を呈している。小室氏は自分の収入が600万円台であり、負担すべき婚姻費用は月額8万円ほどだと主張している。

 第5回の調停期日は10月21日(月)の午前だった。だが、この前日の20日、小室氏は「週刊文春」(2018年1月25日号)で報じた看護師のA子さんとA子さんの家族を港区内の自宅に宿泊させていた。

(以下引用)
 翌朝の21日の午前8時、小室氏はA子さんの家族を愛車のベンツに乗せ、自らが運転し、近所の学校へと送った。小室氏のこの行動に周囲は驚きを隠せない。

「小室さんは、何十年と”夜型”生活で、起きるのは決まって昼過ぎ。まして運転は専属の運転手任せです。早起きまでして自ら送り届けるのはよほど大切な人だという証拠でしょう」(小室氏の友人)

 A子さんは離婚歴のあるシングルマザー。「ニンニク注射」で有名な都内クリニックに勤めており、8年前、当時患者だった小室氏と出会った。引退会見で小室氏は、A子さんとはあくまで「看護師と患者の関係」と述べ、KEIKOとも面識がある間柄だと説明。男女関係についてはあくまで否定。小室氏は会見で、「(A子さんの精神的な支えは)かなりありました。本当にお恥ずかしい話ですが、(この)5、6年で、普通の男性としての能力がなくて、精神的な支えが必要だったと思います」「(A子さんとは)誤解を招かないよう今後は戒め、しっかりとしていきたい」とも発言している。

 だが、小室氏とA子さんの距離は会見以降、いっそう近いものとなっていった。「週刊文春」(2018年7月12日号)では、昨年5月、小室氏が港区のタワーマンションに引越した後、A子さんがたびたび小室氏の自宅を訪れ、翌日まで滞在する様子を報じている。

「この小室さんの新居にはKEIKOの部屋も荷物もなく、小室さんはこの頃からA子さんとの再婚を真剣に考えているようだった。周囲には『KEIKOとの関係を見直したい』と漏らしていた」(2人を知る音楽関係者)

 既報の通り、今年に入って小室氏は地元の大分県で暮らす妻・KEIKOに対し離婚を切り出した。妻であるKEIKOが地元で暮らすための生活費を相談したことが”引き金”となった。

「小室さんは離婚に向けてKEIKOに対しては極力お金を掛けようとしない一方、A子さんにはこれまで随分とお金を遣ってきた。海外での仕事のたびにブランド品を購入し、誕生日には数十万円のワインでお祝いしている。そもそもA子さんは小室さんの個人事務所のスタッフでもあるので、小室さんは彼女に月々給料も払っていたのです。

 借金が10億円以上あることで、皆さん、小室さんは金欠だと勘違いしているが、小室さんはお金は持っています。『捕まってからも年収、1億円を切ったことないんだ』が口癖でした。しかし、借金も利子しか払わなかったり、自身が抱えたスタッフへの給料支払いも先延ばしにしたり、頻繁に通う美容院も1年以上ツケがたまっているなど未払い問題は今までもしょっちゅうあった。お金に対する価値観が世間とズレているのです」(同前)

 小室氏は一世を風靡したスターだが、どん底の時代もあった。11年前、小室氏が詐欺で逮捕された際に、拘置所に足繁く通い、お金を工面し、周囲に頭を下げ続けたのはKEIKOである。

「小室さんが捕まったとき、KEIKOはエイベックスの幹部に土下座して、『小室哲哉を助けてください』と頼み込んだそうです。KEIKOがいたから小室さんは逮捕後も終わらずに済んでいたとも言えるんです」(同前)

 かつて小室氏は、KEIKOの回復を願うファンに向けて、ツイッターでこう宣言している。

〈任せてください。一人を守れずして皆さんを喜ばせたり、楽しませるなんて語れない〉

 いまKEIKOはくも膜下出血の後遺症から回復し、生まれ故郷で穏やかに過ごしているが、「小室さんは介護らしいことは何もしていません」という親族の声もある。小室氏が守ろうとしていたのは誰だったのか。
(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-00014903-bunshun-ent&p=2)

このニュースにネットでは
「妻の病気を見て自分の老後が不安になったから看護師を選んだんじゃない?」
「この人、ダメ過ぎじゃないか?」
「この看護師も何かのきっかけで次は自分の番になると思った方がいい」
「小室が心底嫌いになりました」
「小室はゲスだね。こんなやつを世の中は必要とするんだろうか?」
「自分が逮捕されどん底の時に支えてくれた妻に、最後この仕打ちですか」
「人から奪ったものは必ず又誰かに奪われる。因果応報、自業自得」

などの声が寄せられている。




TBS、一時休止中“やらせ”2番組『消えた天才』『クレイジージャーニー』打ち切りを発表

 TBSは21日、映像の不適切な加工を施し放送していた『消えた天才』と、爬虫類ハンター企画で、計15種類の生物を事前に準備し、捕獲シーンを撮影していた『クレイジージャーニー』(両番組ともに一時休止中)の2つの番組について、番組を終了することを発表した。

(以下引用)
 『消えた天才』は、野球の試合映像を早回しすることで実際の投球よりも球速が速く見えるようにするなど、映像の不適切な加工が4件あったことを9月5日に公表し謝罪。

 この日、サイトでは「その後も、同様の加工がなかったか、全26回の放送内容を精査し、スタッフへのヒアリングを行うなどの調査を行いましたが、他には確認されませんでした」と報告し「私どもは、改めて、これらの不適切な加工で視聴者の皆様の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断し、放送を終了することを決めました」と説明。

 「これまで番組をご覧頂いた視聴者の皆様、取材に協力して下さったアスリートの皆様、番組に出演して下さった方々、関係者の方々に、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 一方、『クレイジージャーニー』は、爬虫類ハンター企画で、計15種類の生物を事前に準備し、捕獲シーンを撮影していたことを9月11日に公表し謝罪。

 この日、サイトでは「その後も調査を続けてまいりましたが、同様の手法は、それ以外には確認されませんでした」と記し「私どもは、改めて、これらの不適切な手法で視聴者の皆様の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断し、放送を終了することを決めました」とした。

 最後は「これまで、番組をご覧頂いた視聴者の皆様、番組に出演して下さった方々、取材に協力して下さった方々、関係者の方々に、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 9月10日に同局で行われた『10月期番組改編説明会』では、編成局長の合田隆信氏は『消えた天才』について「非常に短い期間で調査した結果をご報告した。それ以外になかったかなどを精査している。その調査が終了するまで放送中止を決めている」。その後の放送可否については「未定。調査が終了した時点で判断いたします」と言及を避け、調査の間の同枠については「当面は特番で」としていた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000348-oric-ent)

このニュースにネットでは
「次に打ち切るべき番組はモニタリング」
「番組は終わらせてスタッフの処分はどうするのでしょう」
「グレイジージャーニーは、やらせ問題は別として今の日本に必要な番組」
「クレイジージャーニーは終わって欲しく無い」
「クレイジージャーニーの方は今後過剰演出をやらない事にして継続してもいいんじゃない?もしくはそのコーナーはダメでも番組は続けるとか」
「クレージージャーニーはやらせでもいいからまた復活して欲しい。それだけの価値ある内容だった」

などの声が寄せられている。