FC2ブログ

NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

吉田沙保里を縛った栄氏の呪縛「子供は産むな」とパワハラ命令

突然の現役引退を宣言し、日本中を驚かせた“霊長類最強女子”吉田沙保里(36)。1月10日に開いた引退会見でも「女性としての幸せを絶対に掴みたい」と語るなど、かねてから結婚や出産への強い憧れを口にしていた。

(以下引用)
だが世界のトップとして活躍し続ける吉田にとって、出産は高いハードル。『婦人公論』16年3月8日号のインタビューでもこう語っている。

「結婚はもちろんしたい。ただ、子どもができたら、競技生活は続けないでしょうね。私は家族をもったら、そっちに専念したいほうなので」

現役続行か出産か――。その狭間で揺れ続けた吉田。だが、そんな彼女の気持ちを縛りつける人物がいた。大学時代から吉田を指導してきた栄和人氏(58)だ。実は“親友”澤穂希(40)との対談で、吉田はこんなことを明かしていたのだ。

「たしかにレスリングは今しかできないし、恋愛は後でもできる。でも、できたら彼氏が欲しい(笑)。栄監督も私がロンドン五輪までに結婚したいって言ったら、してもいいって言うし……。ただ、子供はダメだって」(『スポルティーバ』09年2月号)

「子供は産むな!」という恩師に課せられた“呪縛”。パワハラ以外の何ものでもない命令だが、吉田はかたくなに守り続けた。そして昨年、栄氏による伊調馨選手(34)らへのパワハラ騒動が発覚。吉田は苦悩した。だが同時にそのことは、彼女を解放するきっかけにもなっていた。

「栄さんがパワハラ問題で激しく批判された際も吉田さんは、沈黙を貫きました。引退会見では『世界で活躍できる選手に育ててくれたのは栄監督だと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです』と告白。それほど吉田さんは、栄さんのことを尊敬していました。実は、リオ五輪のときに引退を決めていたそうです。年齢や持病の喘息のこともあり、肉体的には限界を迎えていました。それでも東京オリンピックを目指したのは『支え続けてくれた栄監督のためにも、もう少し頑張ってみよう』という思いがどこかにあったといいます。そんな矢先に、栄さんが協会の強化本部長を辞任した。そこで肩の荷が下りたのでしょう。彼女は『もう自分のために生きてもいいのかな』と考え、引退を決断する決め手になったそうです」(前出・レスリング協会関係者)

長い時を経て“十字架”をおろした吉田。新たなる幸せを求め、彼女は再び歩み始める――。
(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00010000-jisin-ent)

このニュースにネットでは
「日本はスポーツコーチと選手の関係を考え直す時期に来ていると思う」
「オリンピックで金メダルを獲ることを目標とするなら、やはり出産は大きく危険なハンデになりますよね」
「1年近くトレーニングや練習をほぼも出来ないですし、場合によっては命の危険もありますし。ただ、個人の自由ではあるので、あとは伝え方次第かなと思います」
「これは単純な話でオリンピック取ることを目標に掲げるなら…という話でしょう」
「これってパワハラか?出産をした女性アスリートが第一線で活躍し続けるのはあまりにも困難」
「これからは自分の幸せのために歩んでほしい。妊娠もかなうといいね」
「現実問題として競技を続けるなら妊娠しちゃうと1年間はまともな練習が出来ないし体型は変わるし、元に戻すまでかなり時間がかかりそうだし、オリンピックに出たいとかなるの時期もかなり重要になるし、なかなかシビアなものはあると思う」

などの声が寄せられている。




武道館使えない!日テレ「24時間テレビ」代替会場探し難航

 今年で42回目を迎える夏恒例のチャリティー番組「24時間テレビ」(日本テレビ系)が、例年通りの開催のピンチに直面しているという。おおむね8月20日過ぎの土・日曜に放送されている24時間テレビだが、司会者ら番組メンバー、観客が集まる日本武道館の使用がこの時期は不可能に。時期をずらす選択肢もあるが、他の会場探しにも動きだした。

(以下引用)
「今年は8月24、25日の予定なのですが、いつもの日本武道館では25日から世界柔道が行われる。その後は来年の東京五輪に備えて改修工事に入るというんです。代替会場を探しているのですが、これがなかなか見つからなくて…」とため息をつくのは日テレ関係者。

 プレ五輪イヤーの今年は各競技でテスト大会が実施される。五輪会場の日本武道館で8月25日から9月1日まで行われる柔道の世界選手権も、その一つとなる。一方、夏の風物詩と言われる24時間テレビも、昨年(8月25、26日)、一昨年(8月26、27日)など、多くが8月20日過ぎの土・日曜日に放送されてきた。それが今年はバッティングとなった。

 日テレ側としては放送時期を繰り上げる選択肢もあるが、代替会場探しも視野に入れている。武道館近くということで、これまでさまざまなな会場が候補に挙がった。法政大学の体育館、さらには靖国神社まで検討されたものの、多数のスタッフや視聴者が集まることができる場所となると、かなり限定される。

 とりわけ選定を難しくさせているのが看板企画の「チャリティーマラソン」。コースの撮影許可申請や警備対策の書類を監督官庁に提出しなければならないからだ。

「ランナーによって毎年コースを少しずつ変えてはいるものの基本は同じなんですよ。一番の見せ場となる武道館周辺は毎回、大勢の見物人でごった返しますが、管轄するのは長年の付き合いがある麹町署。でも会場が変われば、当然警察署も変わりますからね」(制作会社関係者)

 迷った揚げ句、現段階で有力候補になっているのが両国国技館。だが、五輪ボクシング会場である国技館についても、ここにきて問題が浮上しているという。

「国技館の一部の設備に対しても、耐震工事が行われる予定であることが判明したんです」(事情通)

 これに大慌ての日テレは国技館側と現在調整中だという。

「国技館がダメだったときの腹案として東京国際展示場も急きょ検討されている」(同)とのことだが、果たしてどうなるやら…。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000037-tospoweb-ent)

このニュースにネットでは
「もう、やらなくてもいいと思う」
「無理に大きな会場でやらなくてもいいと思うし、マラソンもやらなくてもいいと思う」
「ギャラが発生するチャリティーマラソンなんてやめれば良い」
「止める理由が出来て良かったね」
「止める勇気も必要だよ」
「24時間テレビはもともと何の為の番組なのか、コンセプトがよく分からなかったので、無理にやらなくてもいいと思う」
「もう大掛かりにやる必要もないです」
「これを機会に一度休止してみて、チャリティーとは何かというのをもう一度考え直した方がいいのではないかと思います」

などの声が寄せられている。




キムタク語る、北川景子が「HERO」現場でキレたワケ

俳優の木村拓哉(46歳)が、バラエティ番組「帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に出演。連続ドラマ「HERO」(フジテレビ系)で共演した北川景子(32歳)にDAIGO(40歳)との熱愛の噂が出た際、当時の現場での小日向文世(64歳)の行動を語った。

(以下引用)
木村によると、小日向は「ここで聞かないでしょ…ってことを普通に聞く」タイプだそうで、長澤まさみに対して「いま誰と付き合ってるの?」と何度も尋ねて、長澤をキレさせたりしたこともあるという。

そして木村がドラマで共演していた北川に、現在の夫であるDAIGOとの熱愛の噂が出た時、小日向は北川に会った瞬間「景子ちゃんおはよう。ウィッシュウィッシュ」とDAIGOのポーズをしながら挨拶し、皆を凍りつかせたそうだ。

木村は「もうみんな、バカじゃないのって。ここで普通聞かねえだろと思って。でも(小日向は)その後も続けてウィッシュとか言うから、北川景子さんも『そうですよ!』って」と、北川がキレたエピソードを披露。周りからは「キレさせてる!」「だいたいキレられるんだ…」といった反応が上がっていた。
(https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190115-04214226-narinariq)

このニュースにネットでは
「小日向の方が年齢もキャリアも上なのに下に見てる感じが不快」
「小日向さんって64歳なの?!!見た目もノリもすっごく若く見える」
「ウィッシュにちょっと笑った。やってる絵が浮かぶ」
「まあよくいる空気の読めないオジサンだけどやりすぎるとセクハラって今のご時世言われかねないからなあ」
「可愛いくてお茶目なおじさんじゃないですか。キムタクの方がなんか嫌な感じ」
「前に萩原聖人のことも「バカじゃねーの」と言ってたけど、世間はキムタクの方こそバカだと思ってる」
「とにかくキモタコの大っ嫌いが止まらない」
「相変わらずの俺様節炸裂」

などの声が寄せられている。




干されたのも納得!消えた芸能人と“だらしない”当然の理由

2018年はさまざまな出来事があった芸能界だが、何と言っても“顔”となったのは、『U.S.A.』が大ヒットした『DA PUMP』だろう。

(以下引用)
18年6月にリリースされた同楽曲は、耳に残るメロディーと歌詞がSNSユーザーを中心に大ウケ。一度は活動停止に陥ったグループながらも見事に這い上がり、16年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へも出場した。

“どん底からの再ブレーク”は各メディアで美談扱いされたが、そもそもグループが低迷した要因の1つには、ボーカル・ISSAの素行不良があった。もともとISSAはかなりのプレイボーイとして知られており、ブレーク中もファンやスポンサーなどどこ吹く風で、上原多香子、柴咲コウ、あびる優など数々の女性芸能人と浮き名を流してきた。

そして12年、ISSAは当時婚約中であったにもかかわらず、舞台で共演した『AKB48』の増田有華と“お泊り”していたことが『週刊文春』により発覚。これにより増田は「AKB48」からの脱退を余儀なくされ、ISSAも約1年間活動を自粛するという後味の悪さが残った。

女性芸能人では、女優・香里奈もスキャンダルをきっかけに消えた1人だろう。香里奈は数々のCM契約や主演ドラマを誇る人気女優だったが、14年3月に写真週刊誌『FRIDAY』でベッド写真が流出してしまった。さらに、この写真が“大股開き”をしたあられもない1枚だったため、あまりの衝撃から業界内外は騒然。以降、ドラマやCMからも身を潜めることになり、今やすっかり“消えた芸能人”扱いされてしまった。

かつて『ゴリエ』のキャラで一世を風靡し、「紅白歌合戦」にも出場した『ガレッジセール』のゴリも、近年はメディア露出が激減。しかし、その理由はゴリ自身の行いにあるようで、お笑い界ではさまざまな悪評が上がっている。

ゴリと同じ沖縄出身芸人の『スリムクラブ』真栄田賢は、昨年放送の『お笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、「自分の価値観を押し付けてくる」「正直に言いますけど、大嫌いなんです」とゴリを名指しで非難。また、有吉弘行も「向こうの芸歴が下だから敬語だったのに、『ゴリエ』で売れたら急に『有吉』と呼び捨てにしてきた」と語り、ゴリを“唯一の共演NG芸人”に指定しているらしい。

確かに、ゴリエのブレークと有吉が消えていた時期は重なるが、今や2人には天と地ほどの差が。再び立場を逆転されたゴリは、この状況に何を思うのだろうか。
(http://dailynewsonline.jp/article/1641424/)

このニュースにネットでは
「ジャニの圧力じゃないの?」
「有吉はおかもとまりもNG」
「香里奈は出版社相手に裁判起こせばかなり金とれたろ。あれはリベンジポルノで犯罪だからね」
「ガレッジは南鮮批判したから干された、ってのは公然の秘密だ」
「どこいった細川茂樹」
「楽しんごを見ない」
「河本を干してくれよ」
「香里奈はちょっと可哀想」

などの声が寄せられている。




”お前が言うな!”…NGT中井りか「メンバー全員を信じたい」に批判殺到

 NGT48の中井りか(21)が14日、レギュラー出演しているテレビ東京のバラエティー番組「青春高校3年C組」(月~金曜後5・30)の生放送に出演。同グループの山口真帆(23)が昨年12月にファンの男性2人から暴行を受けた事件に絡む一連の騒動について「メンバー全員のことを信じたい」と話した。

(以下引用)
 中井は番組冒頭で騒動に触れ、「私はメンバー全員のことを信じたいと思いますし、グループのことを大切にしたいなと思います」とコメント。共演する「メイプル超合金」のカズレーザー(34)からは「もっとゲスい話が聞きたい。もっと炎上しそうな発言ないの?」などとキツい突っ込みが入ったが、苦笑いでかわした。

 中井は12日夜、自身のツイッターで事件に言及。ネット上で特定メンバーの名前など不確定な情報が飛び交う状況について「公式で発表されてること以外なんの事実もないし、メンバーはそれ以上関係ない」と強調(ツイートは現在削除)。そして「メディアで、勝手に名指しされてしまったのではっきり言います。私は全く、関係ありません。でも、こうやって、憶測であれこれ言われて、みんな傷ついています。証拠もないままに、ネットで餌食されています」と自身が事件に無関係であることを訴えた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000146-spnannex-ent)

このニュースにネットでは
「衝撃的な「オマエガ言うな」感…」
「いや、犯人グループとの繋がりでいえばおまえが一番の黒幕やろ」
「信じたいって…当事者じゃないの?」
「なんでこんな性格わるい生意気そうな奴が人気あるのだろう?」
「この子もバラされたらマズイことがあるんだろうね」
「手引きをしたメンバーがいるのは事実だろ」
「山口さんが最初に話したことが一番真実味がある」
「あんたの言うことが一番信用できん」

などの声が寄せられている。