NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

高学歴ジャニーズの限界 「キャスター」は演じる仕事ではない

「芸能界に学歴はいらない。昔、やんちゃしていても才能と努力でスターになることができる」

 老舗の芸能プロ社長からそんな話をよく聞いた。それでも10代でアイドルになる子は、「高校ぐらいは」という親の気持ちも加味され高校に通いながら芸能活動するものもいた。時代は流れ、今では大卒も当たり前。「東大出」など高学歴も肩書に組み込まれ、クイズ番組などで重宝されている。

(以下引用)
 明大出身の「NEWS」のメンバー・小山慶一郎(34)が日本テレビのニュースキャスターに就いたのも学歴効果が大きいと思う。アイドルから一転、ダークスーツに身を包み、日々のニュースを伝える。キャスターの概念を変えた半面、違和感を覚える人も少なくなかった。

 最近のジャニーズタレントはあらゆるジャンルに進出する。そこには、「アイドルが将来的に就く確かな進路先を見つける」との事務所の親心も見え隠れするが、アイドル活動の延長線上にあるのは歌手・俳優・タレントが既定路線。最近はバラエティーや情報番組などの司会業も加えられた。

 中居正広のように、新たな才能を開花させて活躍する姿に違和感はないが、キャスターはアイドル活動の延長線上にあるジャンルではない。キャスターを厳密に言えば、「ニュース原稿等を読み上げるだけでなく、自分の意見や考えを述べて番組を進行させる専門職」の意味。各局から引っ張りだこの人気を誇る池上彰氏のように専門職のジャンル。そこに現役アイドルが進出した構図。

 違和感だけでなく不安視する声もあったなか、小山の酒席での醜態が報じられた。男女の飲み会の席で「飲み干せ!」と大号令。その中に「知らなかった」とはいえ未成年女子がいたことが発覚。当初、事務所は注意喚起する程度だったが、一転、すべての活動を一定期間、休止と発表。同席していた青学出の加藤シゲアキ(30)は厳重注意にとどまった。

 小山もアイドル活動だけなら休止にはならなかったはず。キャスターの肩書が「不適切」と、日テレや番組スポンサーから意見されたとみられている。アイドルがお酒を飲むことを誰もとがめないが、飲み方が問題。小山はキャスター意識に欠けていたとの指摘もあるが、そもそもキャスターに無理があったと思う。俳優やタレントと違い「キャスター」は演じる仕事ではない。キャスターの鎧をかぶれば、脱いだ時に解放感から素のアイドルの顔に戻る。餅は餅屋――。アイドルのキャスターを見直す時期かもしれない。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000009-nkgendai-ent)

このニュースにネットでは
「キャスターはアイドル活動の延長線上にあるジャンルではない」
「平気で使うテレビ局がどうかしてる」
「少なくとも小山はクビにすべきだし、自前でしっかり取材・報道ができるアナウンサーをきちんと養成していくべき」
「これは、ジャニーズや女優、芸人、例外なく全ての人に言えると思う。ニュースを報道する番組に、お飾りはいらない」
「アナウンサーがバラエティーに出てるのも違和感ある」
「キャスターの仕事はバラエティと違ってチャラチャラしてりゃいいわけじゃないんだからジャニーズには無理」
「素行の悪い人間にキャスターをやらせるなんて愚の骨頂」
「アイドルがキャスターの真似事する姿は確かに違和感しかない。だがそれ以前にキャスターをやっているという自覚がない怠惰な生活が問題。報道に携わる以上は身を引き締めて生活するべき」

などの声が寄せられている。




キムタク次女・Koki、工藤静香が前面に出てきて早くもアンチが大量出現

木村拓哉と工藤静香の次女の(コウキ)が、女性ファッション誌『ELLE JAPON』7月号でモデルデビューし話題となっている。そして早くもインターネット上を中心にアンチファンが出現している。

(以下引用)
ネット上では、Kokiのインスタグラムに投稿された《A STAR IS BORN》という言葉に《親の七光りで何いってんだ》、《自らスターとはすでにかなりの大物だな》などと辛辣な意見が広がっている。

「キムタクと工藤静香の娘ということで、最初から脚光を浴びるのはある意味仕方ないとも言えますが“トップモデルを目指す語学堪能な美女”として、周囲が持ち上げ過ぎる部分が反感を買っているのでしょう。本人は“キムタクの娘”ということを隠してデビューしたかったという話も伝わっていますが、無名のモデルがいきなりファッション誌の表紙に抜擢されることはありません。デビューするにあたり、かなりプロモーション戦略が練られていたはずです」(芸能記者)

実際に関係者のあいだからは、母親の工藤がかなりの“ステージママ”ぶりを発揮して、Kokiのプロモーションに躍起になっているとの話が伝わっている。

あえて選んだファッション誌デビュー

「工藤は、おっとりとした性格の長女には音大で音楽を勉強させていますが、ハキハキとした性格の次女は芸能界向きと、数年前からデビュー時期を見計らっていたようです。SMAPが解散したことで、いままでほとんど明かされることのなかった木村のプライベートな部分を解禁するようになり、次女のモデルデビューもベストタイミングだと考えたのでしょう。本来であればティーン誌や漫画誌にいま流行りの“モグラ女子”として売り込む方法があったはずですが、ファッションモデルとしてのイメージを強くするために、あえてファッション誌でデビューさせたのです」(スポーツ紙記者)

身長170センチメートルで、木村似の整った顔立ちともなれば、一流モデルも夢ではないように思える。だが実際、パリコレクションなどで活躍する世界のトップモデルは、最低でも身長175センチ以上は必要で、顔立ちもエキゾチックな作りの方が好まれる。いくらKokiが鳴り物入りでデビューしても、トップレベルには遠く及ばないのは明らかだ。

大物二世芸能人のモデルと言えば、昨年10月に後藤久美子の長女のエレナ・アレジ・後藤が華々しいデビューを飾っているが、いまではモデルとしての仕事は皆無に等しく、早くも芸能界から引退するのではという噂が流れている。

今後、Kokiが両親を超えるような活躍ができるかどうかは、まさに本人の実力次第と言えるだろう。
(https://smph.newscafe.ne.jp/comment_read/2207813/?m=top_02_comment)

このニュースにネットでは
「どうでもよい」
「いさぎよく本名で出ればいいのに、光希をKokiなんて一昔前のヤンキー(母)がつけそうなダサい芸名」
「なんかもう既にアンチしかいない様相だね」
「母親の魂胆丸見え」
「騒げば騒ぐだけ、工藤静香の高笑いが聞こえてきそう」
「SMAPの件といい工藤静香の策略に翻弄されてる気がする」
「嫌悪感しかない」

などの声が寄せられている。




主催者からは報道NG! AKBトップに立って調子に乗った松井珠理奈が会見で宮脇咲良を批判

 一昨年は小嶋陽菜(30)が卒業発表、昨年は須藤凜々花(21)が結婚宣言をぶち上げるなど、なんだかんだで話題を作るAKB48の総選挙。だが、6月16日にナゴヤドームで開票が行われた今回の“ハプニング”は、主催者サイドも話題にして欲しくないようだ。

(以下引用)
 すでに報じられているとおり、第10回目となる総選挙でトップに立ったのは松井珠理奈(21)で、これに須田亜香里(26)、宮脇咲良(20)が続いた。

 まずは結果について芸能記者に感想を伺うと、

「前年の順位は上から、指原莉乃(25)、渡辺麻友(24)、これに松井と宮脇が続き、後は荻野由佳(19)で、須田。このうち指原は辞退のため今年は出ていませんし、渡辺は昨年末に卒業しています。“ブスキャラ”で売った須田の躍進はあったものの、松井の1位は上の2人が去って繰り上がっただけで、想定内というところでしょうか。指原が制した前回、前々回は、彼女の得票はそれぞれ24万を超えていた。それが今回、松井は20万票を切っての1位ですから、ファンの熱も下がっている証拠です」

 とはいえ、初の1位になったという点以外でも、なにかと松井が注目された選挙ではあった。選挙本番前に行われた『AKB48グループコンサート』では、パフォーマンス中に倒れ、退場する一幕が。16日付「オリコンニュース」は、

〈地元開催に燃える一方、誰よりもプレッシャーを抱えているSKE48の松井珠理奈が自身のファンが陣取る“推し席”の声援に感極まって号泣。過呼吸からかステージ上で倒れ、スタッフに抱きかかえられて退場した〉

 と書くが、ともかくその後すぐに松井は復帰。そして開票を経て、“卒業しません”と1位になってのご挨拶である。ところが翌17日、19日に予定されていた松井の「生誕祭」イベントが、体調不良のために中止になると発表される。18日、これに本人が〈生誕祭延期です〉とTwitterで中止を否定――と、これらが今日までの“オモテ”に出ている松井の動きである。だが、

「我々の注目を最も集めたのは、選挙直後の彼女の言動ですよ。主催者から報道NGが出ちゃったんですけれどね……」(テレビ局関係者)

 それは選挙後に報道陣を集めて行われた、松井への囲み取材の際の出来事だった。

「取材前には選抜に入ったメンバー達の写真撮影がありました。ところが、そこに3位の宮脇の姿がなく、その理由を“宮脇にダメ出しをした”と松井が説明したのです」(同)

 松井は、こんな言葉で経緯を説明した。

〈正直言います。全部話しますね。じゃあ今まで隠してたこと〉
〈(先述・選挙前の)コンサートで『10年桜』を歌いました〉
〈さくらたんに「もっとちゃんと踊って」って言いました。じゃないとAKBが終わるから。それを言ったら、さくらたんは出られなくなっちゃいました。悲しいです。だから「ごめんね」って言いました〉

 文字で読む限りではなんてことなさそうだが、

「いやあ~松井の表情は“言ってやった”という感で、言葉と裏腹にぜんぜん悲しくなさそうでしたよ。 “さくらたん”という呼び方も小馬鹿にしたようで、怖かった。年齢こそ松井がひとつだけ上ですが、グループ活動歴は10年のベテラン。対して宮脇は7年と差があることを考えても、相当強い言い方だったのかもしれません。果たして、宮脇の写真撮影不在が、ショックを受けたためか、それともヘソを曲げただけなのか、それはわかりませんけれど」(先の局関係者)

 この松井の言葉に驚いたのは、周囲のオトナたち。場に居合わせたマスコミには“宮脇のくだりは報道NG”のお達しが出されたという。喋りすぎを怒られた松井は涙を浮かべていたというが、今度は彼女の機嫌が悪くなり、これはこれで大変だったとか。

「コンサートで倒れたところから分かるとおり、そもそも松井のテンションはおかしかった。もともと情緒不安定なところもありますが、あの日は輪をかけて変でしたね。叱られたことが生誕祭の延期と関係あるのかは、やはり不明なのですが」(同)

 先に紹介した通り、主催からNGが出た松井の発言。ところがウッカリなのか、これを報じてしまった媒体が2つある。ひとつはネットメディアのモデルプレス。現在、記事は削除されて読むことは出来ないが、“松井が宮脇に厳しい言葉をかけていた”と16日に報じた痕跡が確認できる。

 そしてもう1社が、18日朝に放送されたTBSの「はやドキ!」。あろうことかこちらは、実際に“ダメ出し”について語る松井の姿をそのまま放送してしまっていた。

「モデルプレスはグループの催しがあるとお声がかかる身内のメディアですから、“お達し”前に配信してしまい、後から主催が消させたのだと想像できます。TBSは他の番組だとやはり伏せられているところを見るに、こちらもウッカリでしょう。怒られたはずです。あとはネット版の『週刊実話』も少し触れていますけれどね……」(同)

 1位になってこれから“顔”となる、松井のイメージダウンを嫌ったのだろうか。とはいえ、これくらいしたたかでないと、センター稼業は務まらない? 
(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00544031-shincho-ent&p=2)

このニュースにネットでは
「ツイッターに上がってた動画みたけど、あれはダメだな」
「珠理奈はこのまま卒業になってもおかしくない立場だ」
「ダメだこりゃ」
「調子に乗ってるのと性格の悪さが出たって話だ」
「プライド高そうだし、今年で人気ガタ落ちで負けるの格好悪いから来年は不出馬だな」
「鼻クソ付けてた後によく、そんなに威張れるなぁ」
「人に意見する前に自分自身の身だしなみや言動を客観的に見れないと1位獲得しても意味ナシ」
「人気が無くなると身内同士で愚痴り攻撃する典型的な落ち目であるアイドルグループ」

などの声が寄せられている。




とくダネ!、地震報道で「ポカ」続く…阪急茨木市駅を「JR高槻駅」、訂正も今度は...

 大阪北部で震度6弱を観測した地震をめぐる報道で、情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)が地震でトラブルが起きた駅名を誤って伝え、その後の「訂正」でも再び場所を間違えるという珍事があった。

(以下引用)
 まさかのミス連発に、視聴者からは「こういう報道は混乱してても正確に伝えろ」といった厳しい声がインターネット上に相次いだ。

 2018年6月18日朝7時58分頃に起きた地震。大阪北部の高槻市や枚方市、茨木市などで震度6弱を観測した。気象庁の発表によれば、震源の深さは約13キロ。マグニチュードは6.1と推測されている。

 激しい揺れの影響で、阪急茨木市駅(大阪・茨木市)ではホームの天井に設置された行先表示の看板が落下。目撃者からはツイッターに、斜めに大きく傾いた行先表示が、地面に近い場所まで落ちた現場写真が相次いでアップされた。

 同日の「とくダネ!」では、行先表示が落下した茨木市駅ホームの様子を、ツイッター上の写真を紹介する形で伝えた。だが、写真とともに表示された番組のテロップでは、駅名を「JR高槻駅」と間違えていた。

 このとき、番組MCの小倉智昭さん(71)は写真を紹介しながら、

  「やはり、高槻の辺りは相当揺れが酷かったと見えます。高槻駅に吊り下がっている行先表示が、こんな風に落ちているんですよね」

ともコメントしていた。

 これに視聴者からは、すぐさま「JR高槻駅ではありません阪急茨木市駅です、ちゃんとしてください」「とくダネさん、それJRでなければ高槻駅ですらないで...」といった指摘がツイッターに続出した。

 番組では約10分後に、駅名ミスについての訂正が入った。小倉さんは「先程ご紹介した高槻駅の行先看板が落ちたという映像、これ高槻駅じゃなかったようです」。そして、伊藤利尋アナウンサーが、

  「茨木駅でした」

と一言。あわせて画面には、「JR茨木駅」とのテロップが表示された。

 しかし、行先表示が落下したのは、「阪急」茨木「市」駅。つまり、「とくダネ!」は訂正でも誤りを重ねてしまったのだ。これにツイッターやネット掲示板では、

  「とくダネ訂正したおもたら今度はJR茨木駅言うてるしなんじゃそりゃ」
  「訂正したけど、JRのままやん...勘弁してほしいわ...阪急だよ...」

といった呆れた声が殺到。なかには、「時間なかったのはわかるが こういうのはしっかり事実確認とらな余計な混乱招くんちゃうか」と苦言を呈するユーザーも出ていた。

 その後、「とくダネ!」では番組の終了間際に、再び行先表示が落下した駅ホームの写真を紹介。そこでは、正しい「阪急茨木市駅」のテロップが出たが、2度にわたるミスについて、小倉さんや伊藤アナらスタジオ出演者からの訂正や謝罪はなかった。

 なお、「とくダネ!」が紹介した写真を撮影したユーザーは、番組の終了後に更新したツイッターで、フジテレビ報道局公式アカウントの取材依頼に返信する形で、

  「Twitterの情報は信憑性があまりないので、大した確認もせずに全国に放送しないでください」

としていた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000005-jct-ent)

このニュースにネットでは
「素人が番組作ってるの?」
「報道番組としてだめです」
「観ない方がいいと思います」
「ことごとく、フジはダメ」
「正しく伝えないといけない情報番組で伝えられない番組は必要ない」
「災害関連の情報が知りたいなら不謹慎発言フジはダメ。とくダネって誤報や謝罪多すぎ」
「相変わらずのフジクオリティ」
「フジは首都圏のことしか興味ないし、関西圏の情報に疎いんでしょ。めざましテレビもそうだけど、もう関西で放送すんのやめたら」

などの声が寄せられている。




手越祐也の件は「スルンスルン」という、ジャニーズ事務所の呆れた抑止力

 メンバーは4人。そのうち3人が、飲酒がらみのスキャンダルにまみれたアイドルグループ、NEWS。

 小山慶一郎と加藤シゲアキが未成年者と飲酒したことで謝罪した直後に、今度は手越祐也がやらかしていたことが明らかになりました。手越も未成年者と飲酒していた、ということです。ところが所属事務所の対応は……。

(以下引用)
「小山と加藤の際は、週刊誌報道が出たその日にコメントを発表し、素早い対応を見せましたが、今回、手越に関してはまったく対応していません」と情報番組デスク。そればかりか、

「スポーツ紙には、書いたらテレビが取り上げるから書かないようにと釘を刺し、テレビには、新聞が報じていないんだから取り上げないように、と注文を付けています」

 と加える。

 報道が出た日、都内の帝国劇場で9月に上演されるジャニー喜多川作・構成・演出の舞台『ドリームボーイズ』の製作発表会見がありました。

「スポーツ紙のジャニーズ担当記者が集まっていました。会見終了後に、広報担当の幹部に、手越についての対応を確認していました」

 と、前出・情報番組デスク。その際、発せられた言葉は、

「スルンスルン」

 つまり「スルーする」の一点張りだったそうです。

 そうせざるを得ない理由は、手越のテレビ出演にあります。

「ウチの『世界の果てまでイッテQ!』のレギュラーですし、サッカーW杯ロシア大会のメーンキャスターでもあります。さらにNEWSの新曲はウチのW杯のテーマソングですからね。ここでの処分は、何が何でもできない」

 と同局の番組デスクが苦笑いで伝えます。

 どうやら小山はニュースキャスターだったため事務所による早急な処分が必要でしたが、手越はニュースキャスターではないことが、所属事務所の対応を「スルンスルン」にしています。

 手越のスキャンダルを報じた週刊文春に所属事務所は「現時点での調査において、ご指摘のような事実関係は確認されておりません」と回答しています。これはつまり「その後の調査で云々」という含みを持たせた回答です。

 その後の調査結果を発表するタイミングですが、前出の番組デスクはこう見通します。

「W杯が終わったときが、もっとも考えられるよきタイミングです。処分と言っても、加藤シゲアキのように厳重注意と書面による反省レベルの処分でしょうね」

 所属事務所による厳重注意と書面による反省、なるものは、世間的なペナルティーとしてはゼロに等しい処分です。

「スルンスルン」のひと言の抑止力は相当なもの。主要芸能メディアの沈黙は続きます。
(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180615-00012614-jprime-ent)

このニュースにネットでは
「では、報道番組にジャニーズはいらないって結論になります」
「手越だと、だろうね。で終わる不思議」
「手越だったらやらかして当然って感じだね」
「メディアがまだジャニーズ事務所の圧力に応じてるんですね」
「この時代にそのやり方がまだ通じると思ってる考え方がすごい。それに応じるメディアもすごい」
「スポンサーに判断してもらいたいですね。ここまでネットで不信感だらけなのに、まだジャニーズを使うのですか?」
「事務所がSMAP解散させてからこんな早くボロボロになるとは思わなかった」
「ジャニーズはテレビに出なくてよい。メディアの忖度にウンザリ」

などの声が寄せられている。