- NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

ケイスケホンダ「ぶっつけ本番に強い人、弱い人がいる。戦術でゴールは入らない」

 運命の第1戦を控え、日本代表MF本田圭佑(パチューカ)がベースキャンプ地のカザンに入ってから初めて報道陣の取材に応じた。

(以下引用)
「徐々に気持ちは高ぶってきている感じがする」。自身3度目のW杯。過去2大会は7試合すべてにフル出場し、2大会連続となる計3ゴールを決めている。しかし、今大会は直近のパラグアイ戦で同じトップ下のMF香川真司が1ゴール2アシストと結果を残し、本田とのポジション争いにおいて強烈なアピールに成功した。

「僕自身、結果にどれだけコミットできるか。その準備をしてきた。スタメンで出るか、サブかは分からないけど、どちらでも求められるのは結果にコミットできるかどうか」。ベンチスタートとなればW杯では初めて。しかし、それでもチームに貢献できることはある。「勝つためにやれることは全部やる。ピッチ内外でその作業はすでに始まっている」と強調した。

 W杯での3ゴールが証明するように、大舞台で勝負強さを発揮するのが本田だ。「ぶっつけ本番に強い人、弱い人がいる。これまでの環境がそういう能力を自然と身につけさせる。僕はたまたまラッキーで、そういうプレッシャーの中で生きることが多かった」。そう自認する男は「それは理詰めではない。そこで結果を出す、出しに行く。自分ならできると、自問自答しながらやっていきたい」と力を込めた。

 たとえ途中出場になったとしても、“一発”の期待は大きい。「究極論、サッカーは最後は個。だれかのひと振り。それがゴールに入るかどうか。戦術でゴールは入らない」。19日のW杯初戦・コロンビア戦(サランスク)。日本人初のW杯3大会連続ゴールで西野ジャパンを初戦白星に導く。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-01655178-gekisaka-socc)

このニュースにネットでは
「何を言ってんすか?w」
「本田さんに言いたいのは一つです。口だけでは点は入らない」
「ポジション無視で真ん中に割り込んで守備は人任せ、足元のボール来るの待つだけチームとしてはガタガタになるから、使うのやめて欲しい」
「ずっとベンチでおとなしくしといてほしい」
「走らない、走れないやつはいらない」
「本田はベンチでしかめっ面が似合ってる」
「個の力がない人が言うセリフではない。個の力があればミランの10番がベンチ要員ではなかったはず」
「本田には誰も期待していない。途中出場も、全然いらない」

などの声が寄せられている。




決断の6月…独立しても元SMAPに合流しない中居正広の今後

 もはや記憶のかなたに行ってしまった感があるが、昨年6月、元SMAPの3人(草彅剛、稲垣吾郎、香取慎吾)はジャニーズ事務所に契約更新の意思がないことを伝えた。そして9月の契約満了をもって独立。今年もその時期がやってきた。現在、残っているのは木村拓哉と中居正広の2人。

 木村に関しては、今さら独立話などなさそうだが、問題は中居だ。

(以下引用)
 昨年6月、独立した3人と一緒に中居も事務所を飛び出すものと、誰もが疑わなかった。それがどうだ。フタを開けてみたら、中居は残留を決めた。おかげで、木村同様“裏切り者”の汚名を着せられることになってしまった。

「残った理由はいろいろ取りざたされていました。一番には、計算高い中居君のことだから、いま出てしまったらメリットが何もないと考えたのではないかということ。確かに、新しいCMも入っていましたし、事務所から特に冷遇されてもいないし、解散したから、肌の合わない木村と一緒に仕事することもないだろうし」(スポーツ紙記者)

 ほかには、出ていった3人のレギュラー番組が、次々と打ち切りになっていたため、自分もそうなるのではと危惧したとか、後輩グループ「舞祭組」が独り立ちできるまで面倒を見るのだろうといった見方もあった。

 中居が一切何も語っていないため、その真意は分からないが、実は今でも“中居独立説”が根強く残っている。

「昨年6月の時点でも、来年は必ず独立する、という話がマスコミの間で流れていて、そのまま引きずっています。独立した3人は順調とは言えないまでも、芸能活動は続けられていますし、中居君のポジションも安定しているように見えます。いま独立しても、事務所の横やりが入る心配もなさそうだし、状況が悪化するとは思えません。可能性は少なくないでしょう」(芸能プロ関係者)

 もし彼が事務所を出たら、3人と合流するのだろうか?

 最近発売された女性誌には、中居が香取と食事していたという報道があった。

「3人とケンカ別れしたわけではなく、あのときは餞別も渡しています。今でも仲がいいのに変わりはなく、連絡も取っているようです」(前出のスポーツ紙記者)

 ただ昨年、3人が退所する時、中居は「(マネジャーだった)飯島三智さんとは合流しない」と告げたという。中居と飯島氏の間に何があったか分からないが、どちらにせよ今月中に答えは出るだろう。

 また独立した3人に関して、「独立前に比べ、活躍の場が減っていますが、それはマスコミが指摘するような事務所の圧力やテレビ局の忖度があるからとは限りません。芸能界は下克上。彼らの代わりになる人が次々に出始めています。逆にこれまで華々しく活躍できたのは『SMAP』というグループによる人気と、ジャニーズ事務所の力が大きかったからだと言えます」(前出の芸能プロ関係者)。

 これからは本当の実力が問われることになる。

 それにしても、あれほど世間を騒がせ、社会現象にもなった“SMAP騒動”。1年もたてば口にする人も少なくなった。これが芸能界の常なのだ。

 さて、今、中居が事務所を飛び出したとして、さらなる飛躍は期待できるだろうか。逆に残留を選んだとしても、明るい未来が待っているとは限らない……。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000001-nkgendai-ent)

このニュースにネットでは
「中居くんは今無理に動く必要はない」
「地上波には出ないけど新しい地図の人たち、めちゃめちゃ順調だね」
「今さら中居君が合流してもSMAPが再結成する訳でもない」
「3人独立した時は3人も、そしてファンも不安だった。けど今すごくのびのびと楽しそうにしてるよね」
「ジャニーズブランドがドン底の今 中居君は何を思い どうしてゆくのか」
「どちらかと言えば退所した3人の方が新規の仕事のオファーだらけで順調にみえるのだが」
「SMAPが元に戻らないなら、5人での歌が聞けないなら、もう、独立だろうが残留だろうがどっちでもいい」
「独立してもしなくても、合流してもしなくても変わらず応援します」

などの声が寄せられている。




ファンの男性との半同棲が発覚しても反省しないNGT中井りかに劇場支配人「強く反省促す」

 週刊文春に男性ファンとの恋愛スキャンダルを報じられたNGT48中井りか(20)について、同グループ劇場支配人の今村悦朗氏が謝罪した。

(以下引用)
 中井は16日にナゴヤドームで行われた第10回AKB48世界選抜総選挙で37位になったが、スピーチで突然、週刊文春に男性ファンとの恋愛スキャンダルを直撃されたと告白して謝罪。詳細について尋ねられると「後々分かると思うので、全貌が明らかになってからネットで騒いでください!」と言い切り、「最後に言わせてください。アイドルだっていろいろあるんだよ!」と笑みをたたえて叫んだ。

 SNSやテレビ番組での過激な発言や挑発的な態度などで“炎上アイドル”として売り出し中の中井。総選挙終了後、何事もなかったかのように「腹減ったわい」とツイートし、批判の声も寄せられたが、翌17日には「腹ぐらい減ってもいいだろうが(笑)(笑) が第一声の朝です おはようございます」とやり返した。

 しかし今回の騒ぎに今村氏は17日、公式ブログで「中井りかがお騒がせをいたしまして、大変申し訳ございませんでした。支配人としてお詫び申し上げます。48グループの一員としての自覚を持って行動するよう、強く反省を促して参ります」と謝罪した。
(https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do)

このニュースにネットでは
「じゃあアイドルならなけりゃいいと思うんですけど」
「反省を促すと言うことは反省してないということですよね。即刻クビにしてください」
「普通に同棲や恋愛したいなら辞めたらいいでしょ」
「昨年の須藤凛々花の事件で須藤を懲戒解雇にしていれば少しはマシだった。運営は失格」
「悪いと思ってない感じが去年の須藤と同じ感じ。こんな奴クビだ。ファンの人が可哀想」
「クビではないの?甘くなりましたね」
「結局、こういった所でファン離れを生んでるって事に運営は目を向けないといけない」
「即刻クビにすべき」

などの声が寄せられている。



紗栄子、「人のお金で生きていると思われているのだし…」育児と仕事両立の葛藤告白

 タレントの紗栄子(31)が、自身のインスタグラムを更新。働きながら2人の子供を育てることを選択したことへの思いを長文でつづり、反響を呼んでいる。

(以下引用)
 紗栄子は07年に大リーグ・カブス(当時は日本ハム)のダルビッシュ有投手(31)と結婚し2児をもうけたが、12年1月に離婚。子供が小さい時に買った本を偶然店で見つけて「一瞬でその当時の気持ちに」とし、「その頃の私は、一度お仕事を辞めて復帰したばかりで、せっかく私にふっていただいたお仕事だからと、いただいたお仕事はほとんど受けさせていただいており、スケジュールを詰め込みすぎてとても忙しく過ごしておりました」と振り返った。

 「私が一家の大黒柱だからと、それが子供達のためになると信じて毎日働いて、ある時から子供達と過ごす時間と仕事のバランスがわからなくなったりして悩みながらも、とにかく必要とされる時に働かなきゃ、身体が動くうちに頑張らなきゃと自分を奮い立たせながら毎日過ごしておりました」と回顧。

 「子供と離れてでも働くということを選んだことに罪悪感で押し潰されそうになったり、それでも働かなければいけない状況や、世間からどう思われているのかなど、普段考える暇がないから気にしなかったことと向き合ったり」と様々な思いが胸に去来したことを明かし、「それこそ人のお金で生きていると思われているのだし、仕事を辞めて子供達とどっぷりいることが母親として正しいのではないかなど、…たくさんたくさん悩みました」と吐露した。

 それでも「当時の私は、精神的にも金銭的にも自分の力で育てあげると強く決めていたので、もちろん子供のことを第一に、働くということも選択して生きていました。なぜなら子供達に社会との繋がりを見せることができるのは私だけだから」と仕事を続けた理由を明かした。

 「本当にあの時はきつかった!お料理も家事も疲れていて全部がしんどかった!」としたが、「最近の私は、お料理も家事も子供達にまつわる全てのことを心から楽しんでできています」といい「子供達には沢山の可能性を自分の力で切り開いて行ってほしい。自立して、社会に貢献できる人に育ってほしい。そして、いつでも笑顔で暮らしてほしい」と思いを込めた。

 この投稿には「世間には色々言いたいことを言う人が居ますが、自分や子供の為にこれからも頑張って下さい」「胸が熱くなり涙が出ました」「いつもキラキラしてる紗栄子さんも、母親として悩むこと頑張ることは同じなんだなって励みになります!」など370件を超えるコメントと2万を超える「いいね」が集まっている。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000103-sph-ent)

このニュースにネットでは
「慰謝料や養育費・・しこたまもらっておいて「金銭的にもツラくて・・」イヤそれはないやろ」
「金銭を1円も受け取ってないまま離婚したなら凄い大変だったろうなぁと思うけど、、、けどですよ」
「ダルビッシュがメジャー移籍決まるまで正式に離婚しなかったよね。養育費の額も変わってくるもんね」
「ちょっと何言ってるのか分からない」
「お金ある人がごちゃごちゃ語っても響かない」
「叩かれてるのは、子供置いて夜中飲み歩いたり、男とデートしまくったりしている姿だと思うよ」
「まるっきり、養育費もらってないような言い方」
「あなたダルビッシュから月200万貰ってますよね?」

などの声が寄せられている。




第4子妊娠発表の辻希美、アンチがまたもや暴走中

 元モーニング娘。の辻希美が、第4子の妊娠をオフィシャルブログで発表した。夫で俳優の杉浦太陽も同日にブログを更新し、夫婦そろっての発表となった。12月の出産予定であるという。

(以下引用)
 辻は2007年に杉浦との結婚を発表。同年に長女を出産。2010年に長男、2013年に次男を出産している。辻といえば、毎度ブログが炎上することで知られるが、今回もアンチが騒ぎ出している。その内容は「最近目立っていなかったから話題作りか」「ブログの広告収入くらいしかないのに、4人も子育てできるの?」「これまでも無責任子育てだったから末っ子がかわいそう」「また出産時の『地獄体験』アピールかよ」といった心ない声が目立つ。

 「辻のブログ炎上は、最初は子育てネタからはじまりました。生後2か月の子どもを雨の日のディズニーランドに連れ出す、病み上がりの子どもをハイキングに連れ出し熱がぶりかえす、子どものお弁当のおかずの栄養バランスを考えていないといったものですね」(芸能ライター)

 ほとんど小姑状態であるが、今回の妊娠報告でも計画性の無さを指摘するなど「余計なお世話」なツッコミが少なくない。そもそも2007年の結婚も妊娠が発覚しての“できちゃった婚”であった。

 「これまでさんざん炎上も経験していますし、今回の案件でも辻は何も気にしていないでしょう。むしろ炎上すればするほど、ブログのアクセス数も伸びて広告収入もアップしますから、養育費にあてられて良いのではないでしょうか」(前出・同)

 まさに母は強しであろうか。この様子では「ブログ炎上女王」の座は当分キープし続けそうだ。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000014-reallive-ent)

このニュースにネットでは
「新しい命の誕生。素晴らしい事じゃん」
「新しい命を授かったのだから、それに関して不必要なコメントはいただけない」
「すごいことだと思いますが、なんでみんなそんなに叩くんだろう…?」
「ほとんど嫉みじゃん。みっともない」
「ブログ見てたらご飯とか豪華だし、子供の好きな物たくさん作ってくれて、こんなお母さんいいなーと思う」
「好きでもないし、応援してるわけでもないけどもう認めるしかないね」
「イケメンで優しそうな旦那様と可愛いお子さんたちに囲まれて幸せそうな辻ちゃんが羨ましいんだろうな」
「若くしてデキ婚したことが叩かれるきっかけになったのかもしれませんが、結婚10年以上たっても夫婦円満なのはお互いの努力があってこそだし、3人のお子さんを健やかに育てていて、立派だと思います」

などの声が寄せられている。