「相棒」に出演か 武井咲が産後4カ月“スピード復帰”の事情 - NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » ニュース » 「相棒」に出演か 武井咲が産後4カ月“スピード復帰”の事情

「相棒」に出演か 武井咲が産後4カ月“スピード復帰”の事情

 3月に第1子となる女児を出産した女優の武井咲(24)。そんな彼女が産後4カ月で“職場復帰”するという。

(以下引用)
「夫のTAKAHIRO(33)も今月24日に所属するEXILEが2年半ぶりにステージ復帰したばかり。9月からはドームツアーがスタートするなど、これからは夫婦で多忙になりそうです」(音楽専門誌編集者)

 2人は昨年、都内の高級住宅街に1億円ともいわれる豪邸を建てた。ファミリー向けのマイホームで、生まれたばかりの愛娘を育てている。

「今年4月に武井が“お値段以上”をウリにしている家具店で買い物している様子が報じられました。生活雑貨や収納グッズなど、新米ママを楽しんでいるようでした。新居には、武井の両親が同居しており、娘の育児をフォローしているようです」(女性誌記者)

■金銭的な問題が復帰理由なのか

 両親が同居となれば、女優を続ける武井にとっては心強いかぎり。仕事に支障はないだろうが、“先輩”の上戸彩に1年間の育児休暇があったことや、1年以上の育休制度を設けている企業が多いことを踏まえると、産後4カ月での復帰は早い印象もする。今回の妊娠によって、武井が今年1月から出演するはずだったフジの“月9”ドラマが延期になったとか、放送中止になったCMの違約金は10億円とも報じられた。金銭的な問題が復帰理由なのか。

「違約金うんぬんの前に武井の所属事務所オスカープロモーションには、“20歳以降にデビューした場合はデビュー後5年間は恋愛禁止”“10代でデビューした場合は25歳まで禁止”というルールがあります。武井が復帰を決めたのは、掟を破ってしまったことへの反省からといわれています」(スポーツ紙記者)

 武井の“引退説”が一部で流れたため、それを打ち消すために事務所が早期復帰を促したという話も流れている。

「今回の復帰が武井の希望なのか、事務所の意向なのかはハッキリしません。ただ、突然の妊娠・出産によって、仕事面で迷惑を被った関係者もいたはず。もしかしたら、双方の意思かもしれません。復帰第1弾は10月スタートの『相棒』になるという話があります」(芸能ジャーナリストの浅見麟氏)

 いずれにせよ、せっかく建てた1億円御殿は留守がちになりそうだ。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000009-nkgendai-ent)

このニュースにネットでは
「演技が下手だから需要はないと思いますが」
「他に代わりの女優はいくらでもいますけど。育児に専念して下さい」
「またドラマが安っぽくなってしまう」
「復帰しなくていいんじゃないかな?ニーズあるの?」
「武井咲の両親が同居?!これ、ヤバいパターンだと思う」
「相棒?やめて欲しい!安っぽくなる」
「新婚早々から、新居に奥さんの両親と同居?」
「子どもは結婚のために必要だっただけ?育児なんてする気ないのか」

などの声が寄せられている。




コメント
非公開コメント