新・花男『花晴れ』、視聴率アップもクレームの嵐? 脚本家は謝罪、公式インスタは炎上寸前 - NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » ニュース » 新・花男『花晴れ』、視聴率アップもクレームの嵐? 脚本家は謝罪、公式インスタは炎上寸前

新・花男『花晴れ』、視聴率アップもクレームの嵐? 脚本家は謝罪、公式インスタは炎上寸前

 火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)の第8話が5日放送され、視聴率が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。前回の7.5%から2.1ポイントも伸ばし、前シリーズ『花より男子』(TBS系)のキャスト・小栗旬が出演したことでも話題になった第3話と並んで本作の最高視聴率を記録した。

(以下引用)
『花より男子』がシリーズ通しての最高視聴率27.6%を記録した、大ヒットドラマだったということもあり、鳴り物入りで始まった『花のち晴れ』。当初は原作に沿ったストーリー展開で多くの視聴者を喜ばせていたのだが、第5話あたりから徐々に暗雲が立ち込め始め、今では視聴者がネット掲示板やSNSに多くの不満を書き込む事態に。同作に対し、「原作にない劣悪な展開が多すぎる」「主役の音を下げてめぐりんを上げるシーンばかり」「必要のないシーンが多すぎ」といった不満の声が見られている。

 また、不満の声は個人のSNSだけにとどまらず、ドラマの公式インスタグラムにも「展開にイラつき過ぎてテレビ壊そうかと思いました」「原作ファンとしてがっかり。脚本がおかしい」という声が寄せられているほか、脚本を担当している吉田恵里香氏の個人ツイッターにも、ドラマへのバッシングが寄せられてしまっている。

 しかし、吉田氏は自身のツイッターで批判ひとつひとつに対応。寄せられたリプライに対し、「悲しい思いをさせてしまい申し訳ないです」「貴重なご意見ありがとうございます。不快な思いをさせてしまい申し訳ないです」と丁寧に返信している。

 ネット上では、脚本家個人にクレームを寄せるのは止めた方がいいとの呼びかけもあるものの、作品への批判はいまだ止まない状態。原作ファンの意見を捨て、今後の展開はどうなるのか。次週も注目が集まる。
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000016-reallive-ent)

このニュースにネットでは
「単純に主役(ヒロイン)が誰なのかかわからなくなるような脚本になっちゃったからですよ」
「本当にひどかった」
「ストーリーを少し変えるなら解る。登場人物の性格変えちゃダメでしょ」
「漫画をドラマ化するなら原作通りにしてほしい」
「にしても、8話は酷かった。原作読んでるけど、晴がめぐりん抱きしめるとかありえないよね。見ていて気持ち悪かった」
「めぐりんが花男の滋ほどオーラも可愛らしさもない」
「最初の方ら原作に忠実でとても楽しくみていたのですが、途中からちょっと普通じゃないくらいおかしな展開になってきましたよね」

などの声が寄せられている。



コメント
非公開コメント