ゲス川谷絵音、ベッキーに「すごく好きだった」赤裸々エッセイ本を出版へ - NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » ニュース » ゲス川谷絵音、ベッキーに「すごく好きだった」赤裸々エッセイ本を出版へ

ゲス川谷絵音、ベッキーに「すごく好きだった」赤裸々エッセイ本を出版へ

『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音の名前を一躍有名にしたのが、16年1月に報じられたベッキーとの不倫騒動。このときは彼女とのメールの中で、離婚届のことを“卒論”と評するなど、彼の独特な言葉のチョイスも大きく注目された。

(以下引用)
「バンドの中でも作詞を手がけており、川谷さんの言葉はファンからも“共感できる”と、大きな支持を得ているんです」(音楽ライター)

 そんなカリスマ的な“詞”を書く川谷のビッグプロジェクトが、水面下で動いているというのだ。

「6月に中央公論新社から川谷さんのエッセイが出版されるそうなんですよ。その中では、なんと名前こそ出していないもののベッキーさんとのことが書かれているとか。“前の彼女は、すごく好きだった”と、まるで彼女への未練をにじませるような表現もあるといいます」(出版関係者)

 川谷はこれまで、世間に対してベッキーのことを語ったことはほとんどない。なぜこのタイミングで中央公論新社からエッセイが出版されることになったのだろうか。

「同社には看板雑誌ともいえる『婦人公論』がありますが、本人を口説いてスクープインタビューを取ってくることで有名です。最近でも坂口杏里さんや桜田淳子さん、STAP細胞問題で話題になった小保方晴子さんなど『婦人公論』でしかインタビューに応じないタレントも多いんです。

 そういったノウハウを生かして、かなり前から川谷さんと交渉を続けていたのだと思いますよ」(同・出版関係者)

 騒動から2年以上がたって、ベッキーもレギュラー番組やCMが徐々にではあるが決まり始めている。お互いの仕事の足を引っ張らないタイミングが、今ということだったのだろう。

 発売元の中央公論新社に、エッセイの具体的な発売時期や内容について問い合わせてみると、

「出版予定なことは事実ですが、まだ編集中ですので発売日についてはお伝えできません。細かい内容についてもお伝えすることはできません」(宣伝部)

 と、出版予定であることは認めてくれた。
(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00012444-jprime-ent)

このニュースにネットでは
「関わってしまうとすべて不幸になる毒キノコ」
「この話題はもう引っ張らない方がいいと思うんだが」
「ベッキーも地道にテレビやってて世間も忘れた頃にこれって、ゲスとかそういう問題じゃない」
「それなら、ベッキーとやり直せばいい。ある意味貫いた方がいいんじゃないの?」
「ちょっと何やってるかわかんない」
「すごく好きだったなら、自分が壁になって守れば良かった」
「ベッキーもこんなしょーもないやつに引っかかって高い勉強料だったね」
「嫌いで別れた訳ではなかった人に、すごく好きだったなんて言われたら、吹っ切れたはずの恋がよみがえってしまいそう」

などの声が寄せられている。




コメント
非公開コメント