FC2ブログ

『紅白』米津玄師の歌唱力に衝撃 「ヤバすぎる」「音源との差が…」と騒然 - NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » ニュース » 『紅白』米津玄師の歌唱力に衝撃 「ヤバすぎる」「音源との差が…」と騒然

『紅白』米津玄師の歌唱力に衝撃 「ヤバすぎる」「音源との差が…」と騒然

31日に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』に、歌手の米津玄師(27)が出演。そのパフォーマンスに、ネット上では驚きの声が相次いでいる。

(以下引用)
この日、米津は故郷である徳島からの生中継で、今年最大のヒット曲『Lemon』を披露。石原さとみ主演で放送され、人気を博したドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の主題歌として知られる曲だ。

米津にとってテレビ生出演は初であり、またテレビ歌唱は収録も含めて初。パフォーマンス前のトークはなく、無数のロウソクが並べられた美術館にて、静かに歌い始めた。

視聴者が驚いたのはその歌唱力。独特な声質の歌声は、高くも艷やかで、夜の美術館の神聖な雰囲気に非常にマッチ。ダンサーの菅原小春(26)の踊りも非常にマッチしていたと言えるだろう。

歌手は歌うことが仕事。しかし、緊張しやすい生放送で実力を発揮するのは、プロと言えども容易ではない。

そんななか、視聴者が想像していた何倍も素晴らしい美声を響かせた米津。その結果、ツイッター上では「上手すぎる」「音源との差がない」「口からCD音源」「初めて聞いたけど正直ナメてたわ」など、その歌声を称賛する声が相次いだ。

その他にはMISIAやサザンオールスターズ、椎名林檎とエレファントカシマシ・宮本浩次のコラボ、松任谷由実などのパフォーマンスが見られた『紅白歌合戦』の後半。

演出は控えめであり、日本を代表する実力派アーティストたちの歌声を堪能できる、シンプルかつも豪華な祭典だっただろう。

そんななか、若手ながらもまったく遜色のなかった米津。人気だけではない、実力派アーティストとして、全国的に認知された日になったのではないだろうか。
(https://sirabee.com/2019/01/01/20161946711/2/?FROM_WEBVIEW)

このニュースにネットでは
「米津さんすごくよかったんだけど、ダンスはいらなかったと思う…邪魔だった…」
「確かに凄かった」
「うまいけど何故か心が振れないだよな彼の歌」
「ダンサーが邪魔だった。米津さんオンリーで充分なのに」
「歌声とあの瞳に引き込まれて身動きすら出来なかった。感動した」
「生歌を披露した後のコメントも素晴らしかった。さらに好きになった」
「微笑みにやられたわ」
「米津さんの歌で、初めて紅白歌合戦を見てよかったと思えた」

などの声が寄せられている。




コメント
非公開コメント