FC2ブログ

南キャン山里、性格がクズすぎて乃木坂46・高山ら体調不良に - NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » ニュース » 南キャン山里、性格がクズすぎて乃木坂46・高山ら体調不良に

南キャン山里、性格がクズすぎて乃木坂46・高山ら体調不良に

 『 しくじり先生 年末の緊急授業!~嫉妬に不倫!!クズ男たちの大反省SP~ 』がAbemaTVの“バラステ枠”(毎週日曜よる放送中)で放送され、地上波放送後もネットニュースを賑わせたお笑いコンビ・南海キャンディーズが登場。山里が見せる異常なまでの嫉妬心と陰湿な嫌がらせに、体調不良を訴える女子生徒が続出した。

(以下引用)
 番組冒頭、乃木坂46・高山一実が山里に「高山ちゃんクズを想像してみて?」と言われ、人間としての“クズ”を想像。山里が「その4倍だよ」と自身の“クズ”加減を断言した。

 番組では相方・山崎静代が出演した映画『フラガール』のオファーを揉み消そうとするなど、山里のクズっぷりが次々と明らかに。メイプル超合金・安藤なつは、あまりの性格のひどさに吐き気を堪えきれず「うえっ」とえずき、「こんな嫌な人、見たことない!」と叫んだ。

 周囲に体調を心配されたのは安藤だけではない。高山一実(乃木坂46)も、“山里アレルギー”を発症し、咳き込み始めた。辛そうな表情で水を飲む高山の様子を見て、平成ノブシコブシ・吉村は「すごいですよ。一つの番組で、女子2人がどんどん体調悪くなる」と驚き。

 オードリー・若林が「女子からしたら嫌悪感がすごいんだろうね」と言うと、山里は「そうだろうね。逆に、湯川ちゃんよく耐えられてるよ、この距離で」と突然、湯川玲菜(劇団4ドル50セント)に絡みだした。

 若林が「実は、耐えられてないのでは」と湯川の気持ちを代弁すると、山里も「ひょっとしたら(矢が刺さったまま仁王立ちして死んだ)弁慶のように、もう死んでいるのかも……」と話を笑顔で聞いている湯川の気持ちを推し量った。

 不自然なまでに湯川に絡み続ける山里に対し、若林が「早く授業いけよ!」と叱咤。吉村も「すぐ手を出そうとするんだよな」とボソッと呟いた。2人の言葉を聞いた山里は「いいじゃないか、チャンスなんだから!」と反論していた。

 その後、山里が「笑い声を聞いている間は自信が持てたんですけど、笑い声がどんどんなくなって、悪評だけを聞いていると怖くなってきて、漫才だけではなくトークもできなくなった。仕事へ行っても、しずちゃんの相方として呼ばれて、ブームっていう“下駄”を履いての笑いの量だなあって。口癖が『すいません』になってしまった。こういう僕みたいなタイプの人間は人の目を気にして自分の弱みを見せられない。弱みを見せると自分が惨めで、嫌な気持ちが加速してしまう」と、一通り自分の弱点に語る。そして、再び湯川に「弱音、吐けてます?」と話を振った。

 湯川が「リーダーによく弱音を吐いてます」と言うと、山里は「でもさ、そんな弱みばっか見せると、それを武器に次から嫌なこと言われたらやだなぁ』とかない?『あいつ、ああいうことで今弱ってるよ~』とか他のメンバーに……」と早口で質問責めにしたが、若林から「やめろって。お前が見ている世界と違うんだよ」と注意が入った。

 吉村が「伊集院さんって弱みとかどうしてる?」と聞くと、伊集院は「(山里と性格が)似ているんですよ。唯一違うところは、俺にはカミさんがいるから。絶対的な存在の家族がいるから。俺、平気で家で泣くし」と意外な一面を見せた。

 伊集院から「カミさんだよ、カミさん。家族いると違うよ」とアドバイスを受けた山里は「今日はすごい俺の話を心配して聞いてくれている、僕を治すカギは君たちが持ってるんだよ!」と言いながら、高山と湯川を交互に指さした。ゾッとした表情を浮かべながら無言で話を聞いている2人に対し、山里は「よし、付き合おう」と勝手に交際宣言。スタジオの出演者は全員ドン引きだった。

 そのほか同番組では、『しくじり先生 俺みたいになるな!!classic』からも神回を放送。お笑い芸人・渡辺直美のお金を貯める授業、お笑いコンビ・ジャルジャルの普段の行動で勘違いさせないための大切な講義は Abemaビデオ(期間限定・無料) でチェック可能だ。
(http://news.livedoor.com/article/detail/15823604/)

このニュースにネットでは
「成功した犯罪者未満」
「こいつは日本の悪しきパワハラを具現化したような物体」
「山里は自分の屑さを笑いにしようとしてしきれてない感じがやばい」
「前は山里が屑最高峰のイメージだったけど最近は屑芸人といえばクロちゃん一色だ」
「コイツは東南アジアでアレした真性の屑だからな」
「クロちゃんは天性のものだからあそこまでいくと無形文化財」

などの声が寄せられている。




コメント
非公開コメント