FC2ブログ

急逝した芦名星さんと三浦春馬さん あまりにも似通った「最期」 - NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » ニュース » 急逝した芦名星さんと三浦春馬さん あまりにも似通った「最期」

急逝した芦名星さんと三浦春馬さん あまりにも似通った「最期」

女優の芦名星さんが9月14日朝、東京都新宿区の自宅マンションで亡くなっていたことがわかった。自殺とみられる。

芦名さんは一人暮らし。現場に遺書はなく、アルコールや睡眠導入剤などは現時点で検出されていない。SNSなどによる誹謗中傷もほとんどみられなかったという。

(以下引用)
「一体ナゼ……」。関係者はみな声を揃える。

撮影したグラビアが週刊誌に立て続けに掲載され、10月スタートのドラマ『相棒 season19』(テレビ朝日系)にも出演が決まっていた。

「本当に動機がわからない。現場で取り乱すような子ではないし、グラビアの撮影でも『またよろしくお願いします』『次はどこで撮りましょうか』と提案していたそうだ」(スポーツ紙記者)

一部で昨春交際が報じられた俳優・小泉孝太郎との破局を指摘する向きもあるが、彼女を知る芸能プロ関係者によると

「別れたのは昨年。さすがに直後は落ち込んでいたが、時間も経過しているし、吹っ切れていたはずだ」

という。そんななか、15日配信の「週刊女性prime」が本人のものと思われるインスタグラムの裏アカウント(裏アカ)を紹介。それによると、裏アカには7月に他界した俳優・三浦春馬さんへ向けたのではないか…と思わせるメッセージが残されていた、と指摘している。その裏アカには、

《私の心の中の友へ 一緒に乾杯しよ》

と書かれていたり、三浦さんの四十九日翌日の9月5日には

《そっちはどう? こっちはなかなか(笑) 会いたい。ふつーに会いたいょ(泣き顔の絵文字)》

と記されている。最後の投稿はひとこと「バルス」。これは芦名さんも好きなジブリ映画『天空の城ラピュタ』のクライマックスで唱えられる「滅びの呪文」だ。この時点で人生に幕を引く決意を固めていたのだろうか……。

芦名さんと三浦さんはドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)で共演。三浦さんは天才ハッカー役で、芦名さんは警察庁の対テロ組織勤務で三浦さんの護衛役だった。

「共演シーンは多かった。シーズン2では銃で撃たれた芦名さんが三浦さんを守ろうとするシーンもあった」(テレビ局関係者)

2人とも仕事にストイックで、周囲に苦労を見せないタイプだったという。

三浦さんとの共通点はまだある。芦名さんの遺体は寝室のクローゼットの中で発見されたが、これは三浦さんと全く同じ。部屋のドアに内側から鍵がかかっていたところも同じだ。

「遺体は死後1~2日間経過していた。亡くなった時間も三浦さんが命を絶った“時間帯”に近い可能性もある。2人がどういう関係だったのかは不明だが、三浦さんの死が何らかの影響を与えた可能性も否定できない」(警察関係者)

スポーツニッポンによると、三浦さんが他界した7月ごろから、芦名さんはごく親しい知人に「死にたい」とこぼすようになっていたという。コロナ禍で仕事が減り、事務所からの給料が歩合制となり、将来に不安を覚えた部分もあるという。

お酒に関しても、以前は節度をもって飲んでいたというが、今年に入ってから急に飲み方が“荒く”なったという。これも三浦さんに通ずる部分がある。

現在、所属事務所は動機について調査を進めている。前出の芸能プロ関係者は

「警察に通報したのは芦名さんの親族で、きっかけは『前日から連絡が途絶えた』から。わずか1日、音信不通になっただけで通報するのだから、親族は彼女が何に対して思い詰めていたか把握しているはず。それをどこまで公表するのか……」

と話す。どのような事情があったにせよ、あまりに悲しい話。日本の芸能界は、またしても若い才能を失ってしまった――。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/d60b2987413e63f2c9b9c3d44a82ed4c191420dc)

このニュースにネットでは
「なんでも一緒にするのはやめていただきたい」
「はたして三浦春馬さんと同じような状況だったのだろうか。三浦春馬さんと同じ理由ではないと思う」
「こじつけにしないでほしい」
「芦名さんの逝去は残念ですが芦名星さんには芦名星さんなりの原因があったでしょう。三浦春馬さんの場合とは全然違うと思う」
「共通してるのは、才能に溢れた将来が楽しみな俳優だったって事だけ。背景なんか全然違うし、あまりにも似通ったってどこが?」

などの声が寄せられている。




コメント
非公開コメント