- NEWSちゃんねる
FC2ブログ

- NEWSちゃんねる

NEWSちゃんねる ホーム » 

出川哲朗『イッテQ!』をクビに…!?“枕営業”容認騒動で広がる波紋

タレントの出川哲朗がアンバサダーを務めている、経済産業省の電動車椅子プロジェクトのサイトが突然閉鎖し、ネット上で物議を醸している。出川は同サイトの動画にも出演していたが、こちらも同時に削除されている。

(以下引用)
同プロジェクトは昨年10月21日、電動車いすの普及と利用促進、安全性の周知などを目的としてスタート。タキシード姿で発表会に登壇した出川は、「乗ってくれる人にやさしく作ってあって、足が不自由だから出かけるのがおっくうだとか、そういったネガティブな気持ちも解消してくれるのが電動車いす。おじいちゃんやおばあちゃんたちに、もっとポジティブになってもらうツールとして電動車いすを使ってほしい」と、渾身のプレゼンを披露していた。

「経産省が出川をアンバサダーに選んだのは、全国区の知名度と、親しみやすいキャラクターを買ってのことだといいます。出川は『出川哲朗の充電させてもらえませんか』(テレビ東京系)で、電動バイクで日本を縦断していることから、電動車椅子の利便性も十分理解していることでしょう。出川の就任は、世間からも好意的に受け入れられていましたが、なぜかたった6カ月でサイトごと閉鎖されてしまうというのは、異例の事態です。現在までに、理由は説明されていません」(全国紙記者)

ネット上ではさまざまな憶測が流れているが、ここ数日、世間を騒がせている〝マリエ騒動〟を理由とする声が圧倒的だ。

4月4日にモデル・マリエが、自身のインスタグラムのライブ配信で〝芸能界の闇〟を告発。動画内で〝枕営業に加担した〟と名指しされた出川は、炎上状態になっているが、果たして今回の経産省のサイト削除もこの件が影響しているのだろうか。出川が所属する大手芸能事務所「マセキ芸能社」は9日、公式サイトを更新。出川本人に確認したところ「お騒がせしているような事実はない」とし、一連の騒動を否定しているが…。

今や出川は超売れっ子芸人だけに、今後、同様のケースが広がれば、『充電させてもらえませんか』だけでなく、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)など、各方面に大きな影響を及ぼす可能性も出てくる。今後の出川の動向に注目したい。
(https://myjitsu.jp/archives/273384)

このニュースにネットでは
《経産省、出川哲朗さんが出てる電動車椅子のページ消した? 多分これからマリエの攻勢がはじまるんだろうね》
《出川終わったか。好感度がウリだったのにやばいな》
《島田紳助は表舞台から消えたからもう嫌な思いしなくて済むけど、出川はTVに出てるわけだからね。もしかしてかなりヤバい状況になってるんじゃないの?》
《経済産業省のページ削除が早過ぎて露骨。単に契約が終わったんじゃなさそうだな》
《電動バイク結構好きだったのに残念。もしかして番組も終了するのか?》

などの声が寄せられている。




松本人志 小室圭さんの“28P説明文書”に疑問「不審になってしまう」

 「ダウンタウン」の松本人志(57)が11日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。秋篠宮家の長女眞子さま(29)と婚約が内定している小室圭さん(29)が公表した28ページにわたる文書について首をかしげた。

(以下引用)
 松本は「まずはその…28ページにもわたって説明しなきゃいけないようなことがある、ということが不審になってしまいますよ」とコメント。さらに、「変なアプリの長~いやつ、めんどくさいから〝同意します〟ってやっちゃうみたいな」と携帯アプリなどをダウンロードする前にありがちな長文の規約に例えて、文書の分かりづらさを懸念した。

 「オレの娘が、あいつ大丈夫か、ってなったときに28ページの手紙をもらったら、それはむしろ感動するけどね。ちょっとお相手がお相手なので、なかなかね」と結んだ松本。同文書は今月8日に小室圭さんが代理人である弁護士を通じて公表したもので、母親である小室佳代さんと元婚約者の男性との金銭トラブルについて経緯を説明したもの。A4用紙28枚、約6万字にわたり見解が綴られていた。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/04841ae85118181532350f169841b82803f28e84)

このニュースにネットでは
「こんな理屈っぽい娘婿嫌だわ」
「28P、6万字も説明する文書を出すことで国民から多くの納得と同意を得て、国からのお金を貰うという手筈でしょう」
「言い訳に28ページ・・・」
「表に出て説明する度胸もないのですね」
「世間知らずでプライドが高い、面倒な人間です」
「自立していないのに結婚!?寝ぼけたこと言うな!って思います」

などの声が寄せられている。




マリエ、島田紳助“枕営業”告発を取り消さず…「出川哲朗さん、マジで許せない」

「出川(哲朗)さんが(テレビに)出てるのも大っ嫌いだし、出川さんがCMに出てるのも、マジで許せない」
モデルのマリエの告発が物議を醸している――。

(以下引用)
 マリエは4日、Instagramライブに動画を投稿。約15年前の18歳の頃に、元タレントの島田紳助さんから枕営業を強要されたとして、次のように告白している。

「芸人さんとアイドルさんが、みんな並んで、アーケードみたいなソファーに。出川さんもいて、『やるせなす』さんもいて、真ん中に紳助さんがいて、私もいる。で、『やらせろ、やらせろ』と。『これは愛のある(行為)ではない』と。『気持ちよさの極限を、俺は味合わせることができる』って言うわけ。

『だから、俺とさせろ』って言うわけ。『来週のどこに火曜日、何日何時』。でも、これは本当に起こったことなの」

「18歳の私にそんなことする40~50(歳)の人って、どういうこと? しかも、その場に居合わせた人たちがCMとかに出ていることが、マジであり得ないと思ってる。私が18歳の時にそれが起こってるから。そこにいた出川さんも、『やるせなす』の人たちも、みんな、18歳の私を帰さなかったの。ヨイショヨイショで」

 その後、「紳助さんの仕事をするか、しないかで追われて、しないって決めた」マリエは、所属事務所のスタッフと共に「紳助さんと“ツーツーだった”(テレビ)制作会社」に謝罪に行ったという。

「『事務所が守ってくれなかったの?』とか言うの、みんな。事務所は『いいの? マリエ』って言われたの覚えてる。『マリエ、それでいい?』って言われた。『金輪際、仕事来ないけどいい?』って言われた。『あそこの制作会社と縁切ったら』。で、私『いい』って言ったの。私のマネージャーさんが、『わかった。そういう覚悟なら。一緒に行きましょう』って謝りに行って」(マリエ)

 こうした出来事で芸能界に嫌気が差したというマリエは「だから私は(芸能界を)離れた」といい、次のように現在の心情を語っている。

「これ、マジだから。だから私は、今のバラエティ見てるの嫌いなの」

「『やるせなす』さんが出てるテレビも嫌いだし、出川さんが出てるのも大っ嫌いだし、出川さんがCMに出てるのも、マジで許せない。本当に嫌なの」

 この動画がインターネット上でも拡散され、その影響かどうかは定かではないが、出川が起用されていた経済産業省の動画が削除。ワイモバイルや永谷園、フマキラーなど数多くの大企業のCMに出演する出川の所属事務所は9日、次のコメントを発表し、マリエの発言を否定している。

「先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」

 また、「やるせなす」の所属事務所も「配信の中で話されているような事実はなかったことを確認いたしました」と見解を発表している。

 そしてマリエは10日、ラジオ番組『SEASONS』(J-WAVE)に出演し、「今週は、皆様からのたくさんの愛あるメッセージ届いております。本当にありがとうございます」と語り、自身のインスタでの発言を取り消すようなことはせず、詳細には触れなかった。

 現時点でマリエの所属事務所であるレプロエンタテインメント、島田さんの元所属事務所である吉本興業は本件について見解を発表していないが、芸能事務所関係者は語る。

「島田さんはすでに芸能界を引退しており“元所属タレント”ということで、吉本は現時点では静観する方針のようです。一方のレプロもダンマリの姿勢で、レプロと懇意にしているスポーツ紙各紙も触れてきませんでしたが、出川と『やるせなす』の事務所が公式に見解を出したことで、この件が一気に公に知られることになった。

 もしマリエの証言が事実なら、当然ながら島田さん、さらにマリエに“謝罪をさせた”レプロの対応は問題ですし、逆に事実ではないなら、島田さんや出川への名誉棄損に当たる可能性もある。レプロとしては静観のままでは済まなくなり、見解を発表するなり、なんらかの対応が求められることになるでしょう」

 また、別の芸能事務所関係者はいう。

「これまで週刊誌などでは、島田さんが女性タレントに関係を迫っていたといった話がたびたび報じられ、業界内で噂がくすぶっていたことはありましたが、あくまで噂の域を過ぎず、真相はわかりません。ただ、15年前のこの当時の島田さんが、番組出演者のキャスティングを簡単に動かすくらい絶大な力を持っていたことは事実ですし、なんらかの理由でタレントと芸能事務所の人間が島田さんサイドに謝罪に赴くというようなことがあったとしても、不思議ではありません。

 今回のケースでいえば、可能性として考えられるのは、島田さんと複数の番組共演者たちが参加する飲み会の席で、新入りのマリエに向かって島田さんが冗談で“誘う”ような発言を繰り返し、同席する芸人たちが悪乗りして“芸能界の重鎮が誘ってるんだから”みたいなかたちで面白がってしまったという構図です。それに対し10代のマリエが嫌悪感を抱いて、今回の怒りの告発につながったという可能性もゼロではないかもしれません。

 もっとも、もし仮に島田さんや同席したタレントたちに悪意がなく、ふざけてそうした言動を繰り返していたのだとしても、10代の女性に対する行為として不適切なのは、いうまでもありませんが」

 レプロ、そして島田さんの対応が注目される
(https://biz-journal.jp/2021/04/post_219259_2.html/amp)

このニュースにネットでは
「他の女性タレントも勇気出そうね」
「なんで枕を断ったら謝りに行かないといけないんだろうな。ほんと芸能界は腐ってる」
「どう考えても一番クズなのは紳助」
「いじめの主犯よりいい奴ぶった傍観者にイラつく気持ちはわかる」
「本当にあったんだろうとは容易に想像つく」

などの声が寄せられている。




小室圭さんが「反撃文書」でスルーした実母の遺族年金〝工作疑惑〟

 秋篠宮眞子さまとの結婚問題で揺れる小室圭さんが公表した「反撃文書」の波紋は広がり続けている。

(以下引用)
 A4用紙28枚、6万字にのぼる〝大作〟の中心は実母・佳代さんの400万円トラブルについて。元婚約者Aさんは「貸したもの」という認識だが、小室さんは証拠の録音テープの存在を示唆し、Aさんが「返してもらうつもりはなかった」と話していたと主張している。

 この「貸した」「もらった」の議論は置いといて、小室家にはもう1つの金銭問題が存在する。亡くなった佳代さんの夫の遺族年金にまつわる話だ。

 昨年12月の「週刊文春」によると、佳代さんはAさんに「私にとって結婚=主人の遺族年金を無くす事」「私は主人の年金を受け取っている間は内縁の関係にはなれません」「事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです。万が一どなたかが役所に告発すると最悪の事態になりかねません」などとメールを送っていたことが明らかになっている。

 遺族年金は子供がいれば遺族基礎年金の受給対象になり、年間支給額は約100万円。他方で、再婚した場合や生計を同一にしている事実婚状態の場合は受給資格は失権する。

 小室文書によれば、Aさんと佳代さんは将来的に家族になることを前提とした交際で、Aさんは金銭面の全面バックアップを約束。「家族も同然と思っているので圭くんの学費も出しますよ、父親ならば息子の学費を出すのは当然」などと話していたことが綴られている。

「このころの小室家にとってAさんは一家の大黒柱。すなわち『生計を同一にしている事実婚状態』に該当する可能性がある。仮にそうなら、遺族年金の受給資格は失権したことになる」(皇室ライター)

 前出・佳代さんのメールを参照すれば、佳代さん自身も〝危うさ〟を把握していながら、Aさんに〝工作〟を依頼していたことになる。

 国民の理解を得たいのであれば、400万円だけでなく、遺族年金〝工作疑惑〟についてもクリアにする必要がありそうだ。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/07c199dad800fb99e660b698e1bf57c69ef74ebf)

このニュースにネットでは
「破談1択なんですけど、いつまで無駄なことしてるの?」
「この家族が認められないのは、お金の貸し借り等のことではなくて、人間性と人柄が皇室に相応しくない、ということ」
「元から感覚がずれているんですよ。相手が「返金して欲しい」と言った時点で返すのが普通。それだけの話」
「小室家から出てくる事は、“金、金、カネ” 国民が理解できる領域じゃない」
「母親と反社会のものとの付き合いも説明してほしい。あと、イジメ問題とかも」

などの声が寄せられている。




出川哲朗、マリエ暴露でCMが止まっていた!? スポンサーへの説明責任を果たすため慌てて否定

 芸能事務所「マセキ芸能社」は9日、公式サイトで芸人・出川哲朗(57)を巡る一連の疑惑に関して「お騒がせしているような事実はない」と否定した。

(以下引用)
 ここ数日、ネットを中心に話題沸騰中だったマリエの告白を受けて、ついに当事者が口を開いた。マセキの柵木秀夫社長名義で「今回の騒動について」というコメントを発表。

「先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております。改めてお騒がせしたことをお詫び申し上げますとともに、今後とも変わらぬご指導のほどお願い申し上げます」と事実無根だとした。

 騒動の発端は4日夜、マリエが10代のころ、引退した島田紳助氏から肉体関係を持ち掛けられたとインスタライブで暴露。出川らもその場にいて、紳助氏と肉体関係を結ぶようマリエ本人に勧めたという。断ったところ、紳助氏が絡む番組に出られなくなったという、衝撃の話だった。マリエの怒りは出川らにも向いており「出川さんがCMに出てるのがマジ許せない!」としていた。

 ネットで話題沸騰しているとはいえ、あまりにも〝闇〟が深すぎるため、当事者はスルーするかと思われたが、出川が先陣を切って否定コメントを発表した。その背景にあるのはCMだ。

「抱かれたくない男の代表格だった出川だが、近年は『イッテQ!』などの出演でファミリー人気が高まり、CM出演は多数あります。昨年には経済産業省のプロジェクト『のろーよ!デンドー車いす』のアンバサダーに就任するなど、国の仕事を任されるまでになったのです。しかし“マリエショック”でスポンサーが反応し、実は水面下でCMが止まったようなのです。これらスポンサーへの説明責任を果たすために、否定コメントを発表せざるをえなかった」(芸能プロ関係者)

 ただしコメントを出したことで、一連の騒動が表沙汰になったとも言えるが…。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/6c8baa2f744e57961f38d452e0ce836ad7e4ac41)

このニュースにネットでは
「スポンサーが激怒してることは間違いなさそう」
「出川さん、早く謝罪したほうが良いと思うよ」
「紳助に逆らえないあの時代なら十分に有り得る話」
「事務所も出川さんも墓穴掘る前に正直に言っておいた方がいいと思う」
「まー事実なんだろうね。反論になってないし」
「とりあえず島田紳助キモ過ぎ。あんな顔に迫られて関係持てる程芸能界に執着するって今じゃ考えられないよね。マリエ、よく拒否った」
「島田紳助に肉体関係迫られて拒否したら干された、と言ってると言うことは、干されず紳助ファミリーとして活躍していた女性タレントは肉体関係を持ったんだ」

などの声が寄せられている。